Home > マンガ飯 > 「おかめ日和」(入江喜和)の亀田家の4種類カレー

「おかめ日和」(入江喜和)の亀田家の4種類カレー

亀田家のカレー4種類

マンガのなかには色んなカレーが登場するもので、これまでもあれこれ作ってきたのですが、ついに自分のなかで憧れだったメニューに挑みました。
入江喜和先生の「おかめ日和」に登場する、家族の好み別に作り分けた「4種類のカレー」。

「おかめ日和」(入江喜和/講談社)1巻よりカレーといえば、よほど凝らない限りは、主婦にとってはわりとラクで家族みんなが喜んでくれる料理。

しかし亀田家では、
・先生(夫)「超激辛派」/おじいちゃん「中辛派」/子供たち「甘口派」
と派閥が分かれているのに加え、具材も
・先生「薄切りの豚肉」/おじいちゃん「やわらかい鶏」/子供たち「にんじんは星の形で」
とさらに細分化。
※【コマ引用】「おかめ日和」(入江喜和/講談社)1巻より

一般的に男子は女子以上にカレーに対するこだわりが強いものですが、男所帯の亀田家の好みも三者三様。

しかしこんなバラバラの要求出されたらブチ切れて書き置きを残して家を出るところですが、母性の塊、もう「母神」と呼びたいくらいの主人公・やすこさんは、家族のためならこんなワガママも聞いてしまうのです。

そんなわけで、亀田家では「カレーは一大プロジェクト(プロジェクトC)」。あくまでも家庭料理のカレーなのに、もはやそのレベルを超えた壮大なレシピにチャレンジすることにしました。


鶏がら くず野菜
作り方(参考:1巻の巻末レシピ)
1.まずはベースとなる鶏ガラスープ作り。大鍋に水をはり、鶏ガラ(あらかじめ血合いを取り除いておく)、骨付きもも肉、野菜くず、ニンニク、ショーガを入れて火にかける。

アク2.アクがどんどん出てくるので、丁寧に除きつつ1.5~2時間ほど弱火で煮る。

玉ねぎをレンチン 飴色になるまで炒める
3.玉ねぎはレンジでチンしてシナっとさせてからフライパンで炒め、途中でニンニク、ショーガ、セロリのみじん切りを加えて飴色になるまでよく炒める。

鶏肉4.具材のお肉は、先生用の豚肉(肩ロース薄切り)、おじいちゃん&子供用の鶏肉の二種類。鶏肉はもも肉と、スープ用に使った骨付きもも肉をほぐしたものを半々で使うことにしてみる。

肉にカレー粉5.肉はそれぞれ塩コショウしてフライパンで炒め、カレー粉をまぶす。激辛用には好きなだけ、中辛&甘口用には控えめに。カレー粉は定番のS&B缶を使いました。

フライパンにワイン6.肉を炒めたフライパンには赤ワインを少量入れて煮立たせる。これは↓下の工程で加えます。

鍋が3つ7.激辛、中辛、甘口用と3つの鍋を用意し、飴色玉ねぎと炒めた肉、1のスープ、6のワイン汁をそれぞれ分け入れる。さらにトマト缶、ローリエを入れて煮込む。


カレールー【激辛鍋】カットしたニンジンを入れて柔らかくなるまで煮込み、火を止めて市販のルーを少し加える。味をみつつ(この段階だと結構ぼんやりした味です)、塩コショウ、しょうゆ、カレー粉、ケチャップ、ウスターソースなど調味料を加えて仕上げる。

マイタケ、鶏肉、なす【中辛鍋】炒めたナスとマイタケを鍋に加えて煮込み、火を止めてルーを少し加える。あとは激辛と同様。

星形ニンジン、ジャガイモ【甘口鍋】じゃがいもと星形に切ったニンジン、すりおろしたリンゴを加えて柔らかくなるまで煮込む。火を止めてルーを加え、あとは同様。

コンビーフここで子供用の甘口鍋から、さらに分岐。
長男のてっちゃんは肉の塊が苦手なので、鍋からルーと野菜だけ別鍋に取り分け、ほぐしたコンビーフを加えます。

鍋が4つに

「おかめ日和」(入江喜和/講談社)1巻よりこれでついに鍋が4つに! コンロが足りねえ!
けっきょく人の分だけカレーのなべが~
とやすこさんは笑ってますが、なんというか、普段のカレー作りからするとかなり異常事態な風景です。
※【コマ引用】「おかめ日和」(入江喜和/講談社)1巻より

そして「一大プロジェクト」の名にふさわしい手間のかかりようで、正直力尽きそうになりました……。


ここまでくると、家の中全体にカレーの香りが充満して、身も心も「カレーばっちこーい」な態勢になるのですが、亀田家の鉄の掟は「カレーは一日寝かせる」。

……というわけでカレーはおあずけ。この夜のメニューは「湯豆腐」と「真鱈のホイル焼き」(冬のエピソードだからですかね)。
湯豆腐とタラ
全身でカレーを所望してる状態で、こんな真逆のさっぱりメニューを食べさせられるのは、ちょっとした拷問って感じだ……。

そして二日目、いよいよカレー解禁。
おじいちゃんの希望で薬味アラカルト(今回はらっきょう、福神漬け、ナッツ、パイン)、それから子供用の「サイダーフルーツポンチ」、野菜サラダを並べて完成。
亀田家のカレー4種類
ちょっとしたパーティー状態。

超激辛
これは先生用の超激辛カレー。具は豚肉とニンジンのみ、とかなりシンプル。カレー粉を多目に入れたので、後からじんわり辛い感じ。もっと辛くするなら、唐辛子など加えてもいいかも。

中辛
おじいちゃん用の中辛。ナスとマイタケ、鶏肉入り(欲張って具を入れすぎた……)。具はやわらかく、辛さもちょうどよくて万人に食べやすい味。

甘口
子供たち用の甘口2種。手前がコンビーフ、奥がチキン。すりおろしたリンゴのおかげで、上記2つと食べ比べるとかなり甘めで、これぞおこさま向きな味。
しかしコンビーフとカレーって、意外に合うんだなあ。

サイダーフルーツポンチ
サイダーフルーツポンチは、カットしたフルーツ(今回はスイカ、キウイ、パイン)をシロップと三ツ矢サイダーで割ったもの。フルーツポンチって、久しく食べてなかったな~、となんだか懐かしくなる味。
カレーの後の口直しにもなるので、大人にもうれしい。

全部がけ
ちなみにやすこさんが食べるのは、全部のルーをかけた「全味ミックスカレー」。
自分のことは二の次で、家族の喜びを最優先に考える彼女ならではのカレーとエピソード。

女性の魅力って古今東西で違うものですが、誤解を恐れずにいえば、やっぱりやすこさんのような「母性」って最強だなあ……と、あこがれてしまうのでした。

4063722805おかめ日和 (KCデラックス)
入江 喜和
講談社 2007-04-13

by G-Tools

スポンサーリンク

「マンガ飯」記事のランダムおすすめ

Home > マンガ飯 > 「おかめ日和」(入江喜和)の亀田家の4種類カレー

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top