Home > 2011年01月

2011年01月

「おいしい関係」(槇村さとる)のイモグラタン

おいしい関係 イモグラタン(男爵)

グルメマンガって、何故か少年誌や青年誌での連載が多いですよね。女性誌には意外と少ないのが不思議(そのかわりに、女性作家さんは作中で美味しそうな料理を描く率が高い気がしますが)。

槇村さとる先生の「おいしい関係」は、貴重な女性が主人公の料理マンガのひとつ。
何不自由なく暮らしていたお嬢様の百恵は、父親の死により自立を余儀なくされます。父親譲りの食いしん坊な彼女が選んだのは、料理の道。そのきっかけになったのは、街のビストロ「プチ・ラパン」でシェフをつとめる天才料理人・織田の料理でした。

「おいしい関係」(槇村さとる/集英社)3巻より……とストーリーをかいつまむと、料理をスパイスにした恋愛モノに見えますが、巻を進むにつれて、むしろプロの料理人の世界を描いた、真摯なお仕事マンガであることに気付きます。そのなかで描かれる、厳しい職人タイプの織田シェフと百恵の恋愛未満のビシっとした師弟関係が、読んでいて楽しい&気持ちいいのです。

もちろん、美味しそうな料理もたくさん登場します。今回は、プチ・ラパンの改装オープンパーティに登場する、イモグラタンを作ってみました。これも織田シェフの料理ですが、味付けの秘密に気付いた百恵はレシピを完璧に再現し、見事料理を任されることに。この子ったら、自分のご飯も満足に作れなかったのに……、とその成長ぶりに感慨深くなるシーンです。
※【コマ引用】「おいしい関係」(槇村さとる/集英社)3巻より

材料材料:
作中では、レシピのポイントだけ説明されてるので、あとは想像でおぎないつつ。

おもな材料は、ジャガイモ、生クリーム、牛乳、ピザ用チーズ。
男爵イモとメークイン、どっちにするか迷ったので、両方作ってみることにします。まずは男爵から。

じゃがいも作り方:
ジャガイモの皮をむき、厚めの輪切りにします。ここのポイントは、切った後、けっして水にさらさないこと。

関係ないけどこの作品読んでから、イモの皮をむくとき「原価率が?!!」と脳内で叫ぶようになりました。

生クリーム、牛乳鍋にジャガイモを並べ、生クリームと牛乳を半分ずつ、ひたひたになるまで注ぎます。火にかけ、沸騰直前で弱火にして煮込みます(時々、崩れないように混ぜます)。

チーズジャガイモが柔らかくなり、汁気がトロっと煮詰まってきたら、塩コショウ。ここで味見し、イモの甘みが足りなければ砂糖をひとつまみ入れます。

ピザ用チーズ(……が足りなかったので、今回は粉チーズも追加)を少量ふって、250度のオーブンで7?8分焼きます。


オーブンから出したあとも、しばらくぐつぐつ。ちょっと焦がしすぎたか?
イモグラタン(男爵)

皿に盛って、パセリふってみた。
おいしい関係 イモグラタン(男爵)
食べた感想:
生クリームと牛乳でイモを煮込んだだけなのに、何でこんなに美味しいんだろう! ホクホクの男爵イモに、ホワイトソース。シンプルだけど、今まで食べたどんなグラタンにも負けない味です。ジャガイモ3個分作ったのですが、ほぼ一人で食べ尽くす勢いでやばかった……(カロリー的に)。


美味しかったけど、作中のビジュアルとはちょっと違う感じになっちゃったかな……と反省し、今度はメークインでリベンジしてみました。
おいしい関係 イモグラタン(メークイン)

おいしい関係 イモグラタン(メークイン)作り方はほぼ同じですが、牛乳を多めにしてホワイトソースをゆるめに仕上げ、180度のオーブンで焦げ目がつく前に引き上げました。

ソースがさらっとしてる分、あっさりしてますがこっちも美味。イモは食べ比べてみて、男爵よりもメークインのほうが甘くてクリーミーで、グラタンに相性いい気がしました。でもこのへんは、お好みでいいかも。

蘊蓄も手に汗握る勝負もほとんど出てこないけど、料理を食べる・作る楽しさが伝わってくるマンガです。


4088641620おいしい関係 (3) (ヤングユーコミックス)
槇村 さとる
集英社 1994-07

by G-Tools

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「深夜食堂」(安倍夜郎)の限定うなぎのタレ丼

限定うなぎのタレ丼

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)4巻よりうなぎの旬って実は冬だったんですね?、というわけで「深夜食堂」4巻に登場するうなぎ料理を再現してみました。といっても、本体は使わない「タレだけ」の丼です。
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)4巻より

亡くなったうなぎ屋の主人から、店のタレを譲り受けたマスター。そこで「うなぎのタレ丼」を食堂で出してみますが、これが意外なことに大好評。タレは現状ある分だけなので、「一人一杯、ただしご飯の大盛りはアリ」というルールまで定められるほどに。そしてタレがついに尽きた日、最後の一杯を食べることになったのは……。
と、今回もラストにホロリとさせられるお話です。

基本的には、タレとご飯があれば出来ちゃう料理ですが、市販のうなぎのタレを使ったのでは、再現としてちょっと面白くない。そこで、タレから作ってみることにしました。幸いなことに、うなぎ屋さんが公開されているレシピがあったので、参考にさせていただきました。

有頭うなぎタレを作る際、うなぎの頭や骨を入れると風味が出るらしいのですが、関東で売られているうなぎのほとんどは「頭なし」の状態なんですよね。幸い近所のスーパーで九州産の有頭うなぎが売られていたので、この頭を使ってみます。

うなぎの頭を煮立たせる鍋にみりんと酒を入れ、コンロで焼いたうなぎの頭を入れて、煮立たせます。

砂糖砂糖を入れて溶かします。結構大量ですね……。

醤油醤油を入れて再度沸騰させ、弱火で20分ほど煮詰めます。

漉す たれ
これをキッチンペーパーを敷いたザルなどで漉して、ベースは完成。

うなぎを着ける 白焼き
ここからさらに「秘伝感」を出すために、しばらく時間を置くことにしました(保存は念のため冷蔵庫で)。
家でうなぎを食べる機会がある度に、このタレに漬けていきました。市販のうなぎは、あらかじめタレで味付けされてるので、あれば白焼きがベターかも。

こうして半年ほど寝かせ、完成したのが「秘伝(風)タレ」。
さすがにうなぎ屋さんのように、毎日漬けるわけにはいきませんでしたが、味見してみるとうなぎの風味がかなり出ています。
うなぎのタレ
(↑この壷はご厚意でいただいたもの。ありがとうございましたm_ _m)

これを、丼によそったご飯に塗っていきます。
タレをぬる

「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)4巻より本当は、作中に出てくるような専用器具を使ってみたかったんですが(左図)、とりあえず今回は手持ちのハケで。
※【コマ引用】「深夜食堂」(安倍夜郎/小学館)4巻より

漬物の小鉢、お麩と三つ葉の味噌汁を添えて、「限定うなぎのタレ丼」セットの完成。

深夜食堂 うなぎのタレ丼

やや、つゆダク目にしてみました。
アップ
食べた感想:
予想以上に、しっかりうなぎの味がする! 甘辛いタレだけでも十分ご飯が進みます。
しかしうなぎの味はしっかりするのに、本体はどこにもないのが、何とも不思議で……。例えるなら、披露宴に出席したものの、最後までメインの新郎新婦が現れなかった、という感じですw

タレどころか、落語にはうなぎの匂いだけでご飯を食べるお話もありますが、それだけ強烈にご飯欲をかきたてる料理なんだなあ、とあらためて実感。

卵かけ
思いつきで、卵かけご飯にしてみましたが、これも美味。


4091826865深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル)
安倍 夜郎
小学館 2009-08-28

by G-Tools

「深夜食堂」(安倍夜郎)の再現料理一覧はこちら

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ)のチキンティッカマサラ

チキンティッカマサラ

「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より「ピリ辛の家政婦さん」から、カレー2品。前回ご紹介したチキンファヒータのように、美味しそうなスパイス料理がたくさん登場するイヤサカ編。なかでも、バラエティー豊かなカレーが続々と登場する前半のエピソードは、読むと頭の中がカレー色に染まるほど強烈!
※【コマ引用】「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より

発端は、弥栄荘の住人の一人で、少女マンガ家のコンコンが依頼した、修羅場用のご飯。「手早く楽に食べれて何度も飽きずに食べれて食べる量も調節出来ておいしくて元気の出るごはん」……というリクエストに応えて、里が作ったのはカレー。しかもただのカレーではなく、スパイスたっぷりのチキンティッカマサラ。

美味しそうなカレー臭に釣られて、ほかの住人たちがご相伴に預かろうとやって来ますが、コンコンは「あげないわよ!」と一喝。次の日から、各住人が里に好みのカレーを依頼する事態に……。

さてこのチキンティッカマサラ、純粋なインド料理かと思いきや、イギリス発祥の料理なんですね。植民地時代の名残か、イギリスではインド料理がごく一般に根付いているようです。カレーの魅力に征服されたのは、日本だけじゃなかったのね。

ちなみに今回のレシピも、フィールヤングの公式ブログに、小池田先生自ら詳しく解説されてるので必見(写真もステキです!)。なのでここでは、作ってみた感想のみを。

チキンティッカマサラ
ご飯は、作中にあわせてクミンライスで。炊飯する際に、クミンシードと塩、サラダ油を加えて炊きました。

また、上の公式ブログでもおすすめされてるのが、付け合わせの「パセリとミントのアチャール」。カレーに添えると本格的な味になるそうです。
パセリとミントのアチャール

チキンティッカマサラ食べた感想:
う、うまーーい。家で作るシンプルなカレーとは一線を画す、複雑な美味しさです。乳製品をたっぷり使ってるだけあって最初はマイルドなんですが、後口はかなり辛いので(胃が熱くなるほど!)、苦手な人はチリパウダーを少なめにしたほうがいいかも。
(※コメント欄でご指摘いただきましたが、激辛に仕上がったのは、レシピで「チリパウダー」を使うところを、間違えて「チリペッパー」を使ってしまったからのようですorz チリパウダーなら、そんなに辛くは仕上がらないようです。勘違いで申し訳ありませんm_ _m)

そのままだと洋風インドカレーという印象ですが、ここに香草やライム、アチャールをあわせるとエスニック感が増すよう。口のなかもさっぱりします。

煮詰めすぎたせいか、カレーというよりもチキンのカレー煮込み、という見た目になっちゃいましたが(ナイフとフォークのほうが食べやすい)、水分を残してシチューっぽく仕上げてもいいかもしれません。
翌日はパンに乗せて食べてみましたが、これもうまいです。ナンに挟んでみてもよかったなー。

家政婦さんカレー、次は巻末にレシピが載ってる「ほうれん草のネパールカレー」を作ってみようと思います。


4396765118ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)
小池田 マヤ
祥伝社 2010-12-08

by G-Tools

「放浪の家政婦さん」(小池田マヤ)の再現料理一覧はこちら
「ピリ辛の家政婦さん」(小池田マヤ)の再現料理一覧はこちら

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2011年01月

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top