Home > 2010年06月

2010年06月

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のアジのたたき、トマトと長芋のみそ汁 ほか

アジのたたき、トマトと長芋のみそ汁ほか

「きのう何食べた?」より※【コマ引用】:「モーニング」7月8日号(No.30)「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より
鮮魚店をのぞいたら、まるっと肥えた刺身用のアジが並んでたので、つい買ってしまった。先週のモーニングの「きのう何食べた?」で、アジのたたきを作る話が載ってたのです。しかも魚のさばき方の解説まで!
私のなかの「料理上手の条件」は、
・フライパン返しができる(空中でひっくり返すやつ)
・中華鍋を上手に扱える
・魚をさばける

の3点なのですが、いずれも出来ない自分としては、永遠のあこがれスキル。特に魚をさばくのは過去に数回試してみたけど、大体ボロ雑巾状態にしてしまうので、最近はあきらめて店で調理してもらっちゃってます……。

シロさんは料理上手だから、魚をおろすのもお手の物かと思っていたら、「3枚下ろしなんてめったにやらないけど まあ最終的にはたたきにするんだから下手でもいーだろ」と、意外と弱腰(?)な姿勢で、ちょっと勇気づけられました。

作中ではぜいごの取り方から1工程ずつ丁寧に説明されてるので、今度こそできるかな(サテサテホホー)と淡い期待を抱き、再チャレンジ。

アジアジのたたき:
アジは大きめのもの、なければ多めに用意するのがコツらしい。
ちなみにうちの近所のスーパーでは1尾300円もしましたが、シロさんが買ったのは1尾100円! うらやますぃ……。

ぜいごぜいご(固いウロコ)の部分を、尾の側から取ります。

えらエラの下に包丁を入れ、裏面も同じようにして頭を落とします。

このあとは腹ワタとって洗って、中骨から切り離すように3枚におろして、骨を丁寧に抜いて、皮をはがして……

  ・
  ・
  ・
ぞうきんやがなすみません、やっぱり雑巾になりました。

お手本のシロさんの下処理のコマ絵にほど遠すぎる(T益T)
やっぱ急にうまいことはいかんか?。
多分敗因は、三枚下ろしする際に、中骨からの切り離し方が甘かったこと。小さいアジだと余計に難しそうだから、大きいのにしたのは不幸中の幸いか。

サイコロ状気を取り直して、アジをサイコロ状にカットします。中骨の部分の身も結構残っていたので、それも適当に切り落として混ぜ込みました。

薬味万能ネギ、長ネギ、ショウガのみじん切りとアジを合わせ、軽くたたいて混ぜたら完成。(このあとほかの料理も作る場合は、食べる直前までラップして冷蔵庫にしまっておきます)

アジのたたき
醤油でいただきます。
脂がのったアジに、たっぷりの薬味がきいてうまい! もともと生アジは大好きだけど、ヘタながら自分でさばくと美味しさもひとしお。ご飯の上にのっけて丼風にして食べてもよし、そのまま食べると酒のつまみにも。大きめのアジ2尾分で、2人で食べるのに十分な量でした。

以下は、今回の献立のそのほかの料理。

トマトと長芋のみそ汁

みそ汁トマトと長芋のみそ汁:
「何食べ」には、これまで色んな味噌汁が登場したけど、一番変わり種の具じゃないでしょうか。すりおろした長芋に、トマト。一見ぎょっとする組み合わせですが、びっくりするくらい好みの味でした。
トマトの酸味がきいてて、長芋のトロトロ感もいい感じ。冷やしてもいけるかもしれない。

キャベツと厚揚げの煮びたし

キャベツ煮るキャベツと厚揚げの煮びたし:
シロさんの秘密道具、白だしで味付けした煮びたし。薄味でさっぱりしてて、食べやすい。食べきったあとの煮汁も、キャベツのダシが染みてて美味しいです。

ピーマンとじゃこのきんぴら

RIMG6143.jpgピーマンとじゃこのきんぴら:
ケンジがご飯をおかわりするほどの、飯泥棒なおかず。ピーマンとジャコをごま油で炒めて、めんつゆとみりん少々で味付けするだけ。これも手軽に作れていいなー。多めに作ったので、弁当にも使えそうです。


きのう何食べた? 1 (モーニングKC) きのう何食べた? 2 (モーニングKC) きのう何食べた? 3 (モーニングKC)

「きのう何食べた?」(よしながふみ)の再現料理一覧はこちら

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「ドカコック」(渡辺保裕)の横浜ド開港ロードカレー(シウマイカレー)

横浜ド開港ロードカレー(シウマイカレー)

book.jpgいつのまにかコンビニには、独自のマンガ文化ができてるような気がする。裏社会やオカルトの実話系コミックとか、人気作や名作のダイジェストを収録した廉価版コミックとか……。なんとなく気になる存在なので、ついを棚を覗いてしまいます。

そこで出会ってしまったのが、渡辺保裕先生の「ドカコック」。
←この表紙のインパクトに負けて思わず買っちゃったんですが、これがもう最高に面白かった!!

「ドカコック」より漫画ゴラクや月刊ヤングキングで、不定期読み切りとして掲載されていたシリーズのようで、タイトル通り工事現場を舞台にした漢のためのグルメマンガ。

左のキャラが、「伝説の流れドカ」こと主人公の京橋建策。過酷な工事に携わる男たちに料理を振る舞い、現場に成功をもたらす「ドカコック」です。
※【コマ引用】「ドカコック ドカうまっ!! 満腹編」(渡辺保裕/少年画報社)より

この世紀末覇者的な見た目の主人公が(作者の渡辺先生は、原哲夫先生の元アシスタントだったらしい。いいのか……)、スーパーアクションと土木用語を駆使して、コロッケ丼とかカルビ炒飯とか、妙に生活感のあるB級料理を作ってしまうのが最大の見どころです。こういう明後日の方向にパワー全開のマンガ、いいなあ。

「ドカコック」より今回作ってみたのは、神奈川編に登場する「横浜ド開港ロードカレー」。
ハマっ子のソウルフード(なのか?)、シウマイとカレーを無理矢理調和させた一品です。さらに上にのっけたチーズで、横断歩道とセンターラインを表現してしまうという、わけのわからないこだわり(そしてそこを、アビイロード風に渡るキャラたち……)。もう意味不明で、大好きだー!

というわけで、作ってみます(いきなり素)。
※【コマ引用】「ドカコック ドカうまっ!! 満腹編」(渡辺保裕/少年画報社)より

材料材料:
パックご飯、市販のシウマイ、とろけるチーズ、カレー粉、ウスターソース。
シウマイは作中の絵のような、グリーンピースが乗ってるタイプが見つからなかったので、グリーンピースだけ別に購入しました。

チーズ作り方:
1.とろけるチーズを包丁などでカットします。細長いのと、短めのパーツがそろうようにしておくとやりやすいかも。

シウマイ2.シウマイにグリーンピースを乗せて、電子レンジで温めます。

マッシュ3.ほかほかに温まったシウマイ(ハマっ子の心)を、ボウルのなかで無惨にマッシュ(上下層路盤)。

「な……なんて事をーーッ!!」(ハマっ子の叫び)

ソース カレー粉

「ドカコック」より4.さらにソース投入(表層基層黒舗装)、カレー粉も入れ(最終舗装)、よーく混ぜ込みます(固化剤添加)。
※【コマ引用】「ドカコック ドカうまっ!! 満腹編」(渡辺保裕/少年画報社)より

さとうのごはん キーマカレー風?
5.そしてそれをパックメシ(路床)の上にアスファルトフィニッシャー!(何書いてるかわからなくなってきた)

最後に、とろけるチーズで横断歩道とセンターラインを形作って、完成。
横浜ド開港ロードカレー(シウマイカレー)

歩き出そう道を ドカストリーーートを!!

横浜ド開港ロードカレー(シウマイカレー)

コップの水にスプーンを入れるのは、カレー食べるときの作法だな。

横浜ド開港ロードカレー(シウマイカレー)
食べた感想:
潰したシウマイの肉にグリーンピース、カレー粉……。
これぁまるでキーマカレーだ」とは作中の言葉で、確かに見た目はそうと言えないこともないけど、さすがに本物の味には遠いですw
でもソースとカレー粉で下味がついたシュウマイは意外とご飯と相性よくて、ジャンクな味が好きな自分は結構「イケる」と思ってしまった。作中に登場する料理は、全部渡辺先生が実際に作ってみたものらしいんですが、この神奈川編が一番B級感が強かったかも?
こんなに面白いのに現在はコンビニ廉価版しか出てないようなんですが、いずれちゃんと単行本で出してほしいなあ。

<追記>
な、なんと、連載当時からドカコックのメニューを再現しているサイトさんを発見!コロッケ丼手こね丼シウマイカレーにチャレンジされています!

※コマ画像:「ドカコック ドカうまっ!! 満腹編」より

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「not simple」(オノ・ナツメ)の特製ツナ・モルネー

特製ツナ・モルネー

お前の人生はすごい。
今時こんな映画もない。これだけの話がつまった映画だと 逆にウソっぽく見える。お前の事を小説にする。


こんなプロローグではじまる、オノ・ナツメ先生の「not simple」。
複雑な生い立ちの“ツキの全くない男”イアンと、彼の人生をただ見守る小説家のジム。一見救いのないストーリーですが、心にかぼそく灯がともるような温かみもあり、読後はただただすごいと放心。時系列を巧みに入れ替えた構成と、オノ先生ならではのシンプルな線のイラストが、またいいです。

こういう何回も読み直したくなる作品に出会うと、あーまだまだ面白い漫画ってたくさんあるなあ、とあらためて思ってしまいます。
(冒頭の部分は、「IKKI」のオノ先生特集サイトで公開されてるので、ぜひ。「さらい屋五葉」などほかの作品も読めます。松吉さんの壁紙まで……!ハアハア

「not simple」よりツナ・モルネーは、作中で「家庭の味」の象徴として度々出てきます。ざっくり言うと、ツナとマカロニの入ったグラタン風の料理。主人公のイアンはオーストラリアの出身ですが、調べてみたところ、このツナ・モルネー(tuna mornay)もオージーの家庭料理らしい(アメリカにも「ツナ・キャセロール」という類似の料理があるとか。「マカロニチーズ」にもちょっと似てる?)。

各家庭で作り方は異なるようですが、イアンの家では具だくさんに仕上げるのが定番だったよう。物語の後半では、失意の底にあるイアンに対し、友人のリックが「特製ツナ・モルネー」を振る舞います。ツナ、玉ねぎ、マカロニ、チキン、トマト、ほうれん草……と、これもかなり具だくさん。家族の愛に恵まれないイアンと、家族を捨ててきたジム。そんな二人に「家庭によって入れるもん違うならさ、ここの味を作ればいい」と言うリックのセリフは、ちょっと感動的でした。

海外の料理サイトにいくつかレシピがあったので参考にしつつ、この「特製ツナ・モルネー」を想像で再現してみます。
※【コマ引用】:「not simple」(オノ・ナツメ/小学館)より

ほうれん草作り方:
1.ほうれん草はよく洗い、塩を入れた湯でさっと茹でて水気をしぼり、ざく切りにします。
トマトは湯むきして種をとって同じくざく切りにし、キッチンペーパーで水分を取ります。

マカロニ2.ほうれん草を茹でた鍋で、マカロニを茹でます。

チキン3.鶏肉(モモでもムネでもお好みで)を一口サイズに切り、フライパンで塩コショウして炒め、別皿にとっておきます。

玉ねぎ4.玉ねぎの薄切りをバターでしんなりするまで炒め、小麦粉を入れて焦げないようにさらに炒めます。

牛乳・生クリーム5.フライパンを一度火からおろし、牛乳と生クリームを少しずつ入れて、とろっとしたクリームソースになるまでよく混ぜ、ナツメグ、塩コショウ少々で味を調えます。

チーズ6.フライパンを弱火に戻し、細かく切ったチェダーチーズ(ピザ用チーズでもOK)をソースに入れて、よく混ぜます。

混ぜる7.(6)の鍋に茹でたマカロニ、ツナ缶(油は切っておく)、トマト、ほうれん草、チキンを入れて、ざっくり混ぜます。

焼く8.耐熱皿に入れて上にパン粉をふり、200度に予熱したオーブンで20分ほど焼いて完成。

特製ツナ・モルネー
食べた感想:
チェダーチーズが溶けたクリームソースはこってりしてて、普通のグラタンよりも美味しい! 野菜にツナ、チキンと、具だくさんで食べ応えもあります。家庭料理らしく気取りのない優しい味で、食べるとほっとするような感じでした。

あんまり美味しかったので、翌日また作ってみた。今回は、ツナとマカロニ、玉ねぎ、コーンだけのシンプルなツナ・モルネー(ほんとはこれにグリーンピースを入れるのが、定番らしい)。これも好き。何回か作るうちに、「うちの味」も完成されていくといいなあ。
特製ツナ・モルネー

not simple (IKKIコミックス)
not simple (IKKIコミックス)オノ ナツメ

おすすめ平均
stars参った。
stars読み返す度に・・・
stars静かに深い
stars運もツキもない男版嫌われ松子
starsいやな気持になる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2010年06月

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top