Home > お出かけマンガ飯

お出かけマンガ飯 Archive

Saigenレストラン「ミスター味っ子」の回に行ってきた

マンガや映画、小説に登場する料理を再現するイベント「Saigenレストラン」、第二回に参加してきました。今回は、なつかしの「ミスター味っ子」です。

実は私、味っ子はアニメ世代ながら、マンガはきちんと全部読んだことがなく(こんなブログやっておきながら……)。事前に予習せねば、と思ったものの間に合わず、イベント後にようやく全巻揃えました。あらためて読んで……さすが少年料理マンガの金字塔。面白い! 大人になると、色々ツッコミながら楽しめるのもまたイイですw

メニュー今回は、出張料理人・久島建男とのフルコース勝負に登場したメニュー。フレンチっぽい内容ですが、イタリアンのStimoloさんがどう再現されるのか、ワクワク。前回に続き、各料理のレシピも配られました。

厨房とフロアが近いので、待ち時間にスタッフの方々が調理している様子を伺えるのも楽しい。

シューサラダ
シューサラダ:
一皿目は、サラダ勝負で陽一側が作った料理。シュークリームをヒントに、シュー生地のなかにタラコ入りのマッシュポテト、レーズン入りの野菜を詰めたもの(中の写真、撮り忘れたorz)。付け合わせのグリル野菜も忠実に再現されてます。
特に美味しかったのは、マッシュポテト入りのシュー。クリーミーなポテトと香ばしいシュー生地の相性がよくて、2個くらい食べたい勢いでした。

コンソメビシソワーズ
ヴィシソワーズとコンソメスープのゼリー:
久島の温かいコンソメスープに対し、二種類の冷たいスープを一つの皿で出した陽一。ヴィシソワーズの下に、コンソメスープのゼリーが隠れています。
作中では陶器の皿でしたが、カクテルグラスに入っているので、見た目もキレイでうっとり。スープとゼリーを一緒に食べるのは初めてだけど、デザートみたいでなんとも楽しい。
敗因となった温度の問題ですが、これはグラスもしっかり冷やされているので、最後まで美味しくいただけました。

ローストビーフ
詰め物入りのローストビーフ:
肉料理勝負で、久島側が出した料理。ヒレ肉の真ん中に、生クリームや卵白、野菜の詰め物をして焼き上げたもの。レシピを見るだけで、気が遠くなるほど面倒くさそうです……(ソースだけで3日かかっているらしい! ヒーー)。
詰め物はクリーム状の不思議な食感で、赤身のやわらかい肉と一緒に食べると美味しい。前回と同じく、今回の肉料理もボリュームたっぷりで、この時点でお腹いっぱい……。

桃のレアチーズケーキ
桃とチーズのケーキ:
でもデザートは当然ながら別腹。
このケーキは、陽一との勝負とは別に、エピソード冒頭で久島が作ったもの。作中ではさらっとしか登場しませんが、こうして再現してみると美味しそう。
表面にも、レアチーズの中にも桃がたっぷり使われていて、肉料理の後にぴったりの爽やかなお菓子でした。これは家でも作ってみたいなー。

「ミスター味っ子」(寺沢大介/講談社)文庫版7巻よりちなみに、デザート勝負で陽一が作ったのは、マロンケーキの牛肉の薄切り包み。すごく……想定外です……。
※【コマ引用】「ミスター味っ子」(寺沢大介/講談社)文庫版7巻より

肉料理の後でこれを出されたら、少し泣いたかもしれません。あえてここを避けたStimoloさんの配慮に感謝。

でも味っ子第二弾が開催されるなら、この不思議路線系の料理も、食べてみたいかもw(みんなで食べれば怖くない、的なノリで)

4063601749ミスター味っ子(7) (講談社漫画文庫)
寺沢 大介
講談社 2002-02-08

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Saigenレストラン「バンビ~ノ!」の回に行ってきた

約1か月ぶりですが、身辺落ち着いてきたので再開したいと思います。休んでいた間も、温かいコメントなどいただき、本当にありがとうございましたm_ _m
地震の前に作り溜めていた料理もあるので、ぼちぼちアップしますね。



4月23日、四谷のイタリア料理店「Stimolo」さんで、「Saigenレストラン」が開催されました。以前ご紹介したとおり、マンガや映画、小説などに登場する料理を再現して試食する定期イベントです。
(当初は3月の開催予定だったのですが、震災の影響でこの日に延期に。アナウンスできず、申し訳ありませんでした)

第一回で取り上げられたは、イタリアンのお店にふさわしく「バンビ~ノ!」(お店のみなさんもファンらしいです)。しかも、作者のせきやてつじ先生も出席されるとの情報が!
お店から許可いただいたので、当日の模様をレポートしたいと思います。

12:00スタートのところ、遅刻してしまった(すみません…)私たちはなんと、せきや先生ご夫妻のお隣という恐れ多すぎる席に……(ひーー)。先生は同席したテーブルの皆さんに、作品の裏側やオススメのイタリア料理店など、気さくにお話くださってますますファンになりました。

まずは、お店が準備したSaigenレストランのオープニングムービーでスタート。その後、スタッフさんたちの挨拶。シェフはじめ、若い方ばかりで活気があります。

ドリンクで乾杯の後、一皿目が運ばれました。
Saigenレストラン バンビ~ノ!
カジキマグロの燻製カルパッチョ、オレンジとルッコラ添え:
NY編の料理対決で、ロレンツォ兄弟が作った一皿。彩りもキレイでうっとり。
↑この写真だと、ペーパーの上に直接乗ってるように見えちゃいますが、実際はガラスのお皿に盛りつけられてます。ちなみにペーパーには、作品の紹介と一緒にレシピも載ってて、この心配りがウレシイ。

Saigenレストラン バンビ~ノ!
冷燻製されたカジキマグロは、ほんのりスモーキーな香りでとろけるような食感。オレンジの果肉が、また爽やかでした。


Saigenレストラン バンビ~ノ!
さいまき海老とホワイトアスパラガス、小松菜のソースのリングイネ:
以前自分でも再現した料理ですが、やっぱプロの味はスゴイ!! 落差に愕然です。
まずびっくりしたのが、さいまき海老のふわふわ&プリプリ加減。私は入手を諦めて普通のエビで作ったんですが、全然違うものなんだなあ。やっぱ材料にもこだわらないといかんなあ、と実感。

Saigenレストラン バンビ~ノ!
惜しげもなく使われた小松菜のペーストが、リングイネによく絡んでうまい。春の味だ。

Saigenレストラン バンビ~ノ!
牛ハツの素揚げ、トマトソース:
今回、一番楽しみだったのがこれ。自分では難易度高すぎて作れないな~、と諦めていたあこがれの料理が目の前にTT
Secondo編で、料理評論ブロガーの永坂から出されたお題にバンビが応えた一皿。ゴロっとした、握り拳大はあるハツに、真っ赤なトマトソース。まさに心臓をそのまま出されたような、迫力のある見た目です。

Saigenレストラン バンビ~ノ!
ハツって、焼き鳥屋さんで食べたことはあるけど、こんな巨大サイズは初めてです。
ステーキ用のナイフじゃないと切れないほどですが、食べると弾力のある食感と、内臓と筋肉の中間のような官能的な味にうっとり。赤ワインが進むよー。


Saigenレストラン バンビ~ノ!終了後、せきや先生と奥様に図々しくも写真撮影をお願いしてしまいました。仲むつまじい、オシャレでステキなご夫婦です

せきや先生、同席したテーブルの皆様、そしてStimoloスタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました。
最後に私事ですが、何人かの方に「ブログ見てますよー」とお声かけいただいたのですが、アガってしまってロクなお返事もできず申し訳ありません……(お名前くらい伺えばよかったorz)。


Saigenレストラン、次回は6月に開催されるそうです。
内容はまだ未定らしいですが、マンガや映画、小説など「食べたい」作品のリクエストも受付中です。和洋中なんでもOK!とのことなので、参加をお考えの方はぜひ!

※お店のブログでも、レポートをアップされています。厨房裏も、美味しそう~。

4091875513バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)
せきや てつじ
小学館 2005-03-30

by G-Tools

「バンビ~ノ!」(せきやてつじ)の再現料理一覧はこちら

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「ファミリーレストラン」(雁須磨子)のマンゴーとわかめサラダ

マンゴー

今回は料理というより、好きな作品を紹介したいがための本末転倒記事になっちゃってますがご容赦を……。

お彼岸の帰省途中にデニーズに寄ったら、待望のマンゴーフェアが開催中。しかもわかめサラダもメニューにあることを発見。「念願の雁須磨子先生メニューが再現できる!!」と鼻息荒くオーダーしてしまいました。

デニーズのひそかな名物デザートといえば、マンゴー。生のマンゴーが丸ごと一個、カットされて提供されるんですが、通年出てるメニューではないので、フェアの開催を待ちわびてるファンも多いようです。

で、そんなファミレスのマンゴーが小道具として出てくるのが、雁須磨子先生の「ファミリーレストラン」。

文字通りファミレスを舞台にしたこの漫画は、雁須磨子先生作品のなかでも個人的に大好きなもののひとつ。なかでもこのマンゴーが登場する「さらさらマンゴー」は1、2を争うくらいお気に入りのエピソードです。

酔った勢いで“やらかして”しまい、明け方のファミレスで自己嫌悪気味に食事する、飲み屋のバイトの女の子。彼女がオーダーしたのは「わかめサラダ」と「ドリンクバー」。しかしここでウェイトレスから「あちらの方がお客様にどうぞ……と」と、テーブルに置かれたのはマンゴー。
あちらの? あちらって……」とドラマみたいな展開にドキドキしながら振り向くと、そこには彼女に向かって微笑むおじいちゃんの姿が。

「ファミリーレストラン」(雁須磨子)より思わぬ展開に最初は引いた“みちこさん”ですが、「あんたみたいに若くて美しい人が疲れた顔をしててはいけないよ」というとどめの殺し文句に照れつつ、素直に受け取ることに。

ファミレスの厨房裏では、マンゴーの運び役となったウェイトレス・羽柴さんが「ふざけすぎだっつのじいさんめ!」と赤面して叫びますが、実はこのおじいちゃん、ナンパ成功率60%を誇る有名なモテ男であることが発覚。

その予想通り、数日後には同じファミレスで仲むつまじく同席する歳の離れた二人の姿が……。
※【コマ引用】「ファミリーレストラン」(雁須磨子/太田出版)より

みちこさんはこの老人と深い関係になることを、表面は否定します。しかし同世代の男の子のギラギラとかけ離れた、さらさら乾いた魅力を感じて、ついに一線を越える覚悟を……。

で、このまま谷崎潤一郎的な世界にいっちゃうのか!? と読んでるこっちはドキドキしますが、最後はびっくりするほど爽やかなオチにもっていってしまうのが、俺たちの雁先生。しびれるあこがれる!
このゆるゆるふわふわだけど地に足付いてる感じが、心地よくてハマってしまうのだなあ。

マンゴーそして肝心のデニーズのマンゴーですが、甘くて濃厚で、下手なケーキよりもずっと美味しかった! カロリーも低いし、フェアといわずできれば一年中続けてほしいメニューだなー。

というわけで、雁須磨子先生ファンの皆様、今ならファミレスで「さらさらマンゴー」ごっこが出来ますよ!というご報告でした(ガラスの眼をしたプレイボーイなおじいちゃんも必須で)。 って誰もやらんか……

ファミリーレストラン (F×COMICS)
ファミリーレストラン (F×COMICS)
おすすめ平均
starsファミリーが出ないファミレス。
stars日常の中の少し変な出来事。
starsほわほわレストラン☆
starsう?ん。
starsなんだか…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

雁須磨子作品の再現料理一覧はこちら

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > お出かけマンガ飯

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top