Home > キッチン道具

キッチン道具 Archive

料理と食器と漫画の関係 ?その2?(庶民編)

前回に続き、食器のお話。
器選びは料理の味にも大きく影響する、とはいっても、骨董だったり高かったりすればいいってわけじゃありません。チープな食器だからこそ、味わい深い食のシーンも数多くあるはず。

gokudo.gif「なんかおいしそうに食べてる人」を描かせたら無敵の土山しげる先生。「極道めし」には、これ以上なくわびしく、だからこそ美味しそうなシーンが出てきます。

それは、誰もが一度はやったことあるであろう、インスタントラーメンの鍋直食い。詳しいシチュエーションを紹介するとネタバレになりそうなので控えますが、もう左のコマを見ただけで、いますぐチキンラーメンの袋をぶち開けたくなるくらいの訴求力を持ってます。

※【コマ引用】「極道めし」(土山しげる/双葉社)より

そういえば、よしながふみ先生の「きのう何食べた?」でも、ケンジが一人で大晦日にいそいそとサッポロ一番を作って食べてたけど、インスタントラーメンって誰かと食べるより、一人でひっそりわびしく食べるほうが数倍美味しいのはなぜなんだろう。

極道めし 1 (アクションコミックス)極道めし 1 (アクションコミックス)

by G-Tools

keimusho04.gif元祖・ムショ飯マンガといえば、花輪和一先生の「刑務所の中」。獄中記でありながら、グルメマンガとしても読めてしまうほど食事の話が多く、不謹慎ですが「食べてみたい」とあこがれて(?)しまうこともしばしば。特に見開きで毎日の献立を記録したページは圧巻で、この部分だけでも1時間は眺めていられるくらい。

おかず類はセパレート式の皿に盛られてるんですが、朝は献立の品数が少ないので、大きな仕切り部分は何もおかずがのっておらず、空のまま。昼の献立の絵と比べたら、その差は歴然で、このさびしい空白に目玉焼きの一つでも入れたい……と思うのが人情ですが、そうはいかないのがシャバとの違い、なんでしょうか。

※【コマ引用】「刑務所の中」(花輪和一/青林工芸舎)より

刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))

by G-Tools

daitokyo.gif清く正しいビンボー生活を描いた「大東京ビンボー生活マニュアル」の主人公・コースケは、歯磨きもコーヒーもブリキのカップひとつで済ませる超・合理派。ただし、コーヒーを飲むときは歯磨き粉の香りが残っちゃうので、来客があったときは隣の学生にカップを借りに行く、というライフスタイル。

あれもこれもと物欲にまかせてモノを増やしがちな私ですが、カップの使い方ひとつ見てもとことんシンプルなコースケの暮らし方は、やっぱりどこかであこがれちゃいます。

※[【コマ引用】「大東京ビンボー生活マニュアル」(前川つかさ/講談社)上巻より

大東京ビンボー生活マニュアル 上大東京ビンボー生活マニュアル 上

by G-Tools

gunjo_250.gifどうもわびしい方面のエピソードが続くので、ここらでさわやかな漫画にいきましょう。

入江亜季先生の「群青学舎」3巻に掲載されている、鍋パーティの話。毎年大晦日に古アパートに集い、鍋料理を囲んで年を越す4人の女友達。妙齢の美女たちが、学生時代に戻ったかのように、飲んだり食べたりシメの味付けでもめたりする様子が、それだけなのになんだか心地良い短編です。

エピソードの影に存在感があるのが、この鍋会に登場する10年モノの土鍋。アフターストーリーに描かれているように、4人が最初に出会ったときからそこにあり、いわば彼女たちをつなぐキーアイテムのように描かれています。

しかしこんなどうってことない日常が舞台でも、入江先生が描くとどこかファンタジー風になるのが不思議。

※【コマ引用】「群青学舎」(入江亜季/エンターブレイン)3巻より

群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)

by G-Tools

ohana.gif最後は、フィールヤングで連載している、鳥野しの先生(羽海野チカ先生のアシスタントをされていたらしい)の「オハナホロホロ」。出てくる大人も子どももキュートなのに読後感はホロ苦かったりして、早く単行本にならないかなー、と心待ちにしてる作品のひとつです。

※【コマ引用】フィールヤング「オハナホロホロ」(鳥野しの/祥伝社)より

最新話は食器のエピソードでしたが、キッチンで夕飯の支度をしている麻耶に、みちるが「このくそ重たいけど見栄えだけはいい高級鍋さ――使ってんの?」と、多分ストウブとかル・クルーゼっぽい鍋につっこんでる冒頭のシーンに思わずうけました。

確かに雑誌で紹介されるような、ウォシャレな欧州製高級キッチンツールって、なぜかほとんど「くそ重い」ですよね。多分手がすべったら、確実に重傷を負うレベル。そして逆に日本製の鍋とかフライパンは、鬼のように「軽さ」にこだわるものが多い気がする(あ、でも南部鉄器はくそ重い)。やっぱ使うひとの体格の違いなんですかね……。



2回にわたって漫画と食器についてお届けしましたが、こんなニッチなテーマ誰得なのよと思いつつ、好きなことについて書き散らかせた自己満足でいっぱい。なんかまた見つけたら、適当に書いていこうと思います。

banner_01.gif

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

料理と食器と漫画の関係 ?その1?(ブルジョワ編)

top2.jpg
食器を見たり集めるのが、わりと好きなほう。引き出物向きのコンサバな食器をデパートでぶらぶら眺めるのも好きだし、陶器市やショップを冷やかしたり、100均で掘り出し物を見つけるのも楽しい。以前住んでいたところのキッチンはかなり狭かったので、食器は最低限しか持てなかったんですが、去年引っ越して多少スペースにゆとりが出たので、少しずつ増やしてます。

で、ふと「漫画のなかでは、どんな食器が描かれてるのか」と気になって手持ちの本を調べてみたら、意外とあるわあるわ。そのなかから一部紹介してみます。

sukimono.gif
※【コマ引用】「数寄者やねん」(尾家行展/神江里見/講談社)より
まずは日本一の目利き、乱次郎の活躍を描いた「数寄者やねん」から。いかにも劇画ッ!というタッチの絵とストーリーで、昔のモーニングはこんな渋いマンガも連載しとったんですねえ。上下巻に分かれていますが、上巻は器の話が中心になっていて、どれも読み応えあります(「へうげもの」ファンは、あわせて読むと面白いかも)。

第8話の織部焼きの話は、器と料理の関係を考えるのになかなか興味深いです。店の火災で骨董の織部焼きを失って以来、料理を出しても「客の箸の進みが以前より悪い」と悩む、老舗料亭の女将。周囲は思い過ごしだとたしなめるが、乱次郎が持ち込んだ作家の織部焼きと比べると、その差は歴然で……。全く同じ料理でも、器が変われば無意識に味覚にも影響を与える、ということがよくわかるエピソードです。
数寄者やねん 上 (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)数寄者やねん 上 (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)
神江 里見

by G-Tools

kaseifu.gif小池田マヤ先生の「放浪の家政婦さん」にも、骨董の和食器に盛りつけられた料理が登場します。ただし、主人公・里の使い方はかなりフリーダム。でっかいおにぎり、きゅうりのふじっ子昆布あえ、かぼちゃのあべかわ、みたいな素朴な家庭料理に普段使いする一方で、来客用の気合いの入ったイタリアンも和骨董に盛りつけちゃう。

和洋中と料理を選ばないし、そば猪口ひとつとっても「何盛りつけよう」と想像が広がるのが和食器の魅力ですよね。

※【コマ引用】「放浪の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より

放浪の家政婦さん (Feelコミックス)放浪の家政婦さん (Feelコミックス)

by G-Tools

osaka02.gif骨董の贅沢すぎる使い方、といえばサラ・イイネス先生の「大阪豆ゴハン」もハズせません。

資産家のボンで美術商の大清水さん(「オーシミッサン」と発音すべし)は、売り物の九谷焼でチキンラーメンを作って部下に注意されるし、安村家の松林は自分の部屋が茶室!という環境なので、茶釜でインスタントラーメンを友人に振る舞うというイージーなセレブぶり。

osaka.jpg「大阪豆ゴハン」は家族で食卓を囲んでるシーンがたびたび出てきますが、食器の並び方とか会話とか食べ方とかどれも味があって、つい目が釘付けになってしまう漫画のひとつ。やっぱサラ先生のセンスがいいんでしょうね。

※【コマ引用】「大阪豆ゴハン」(サラ・イイネス/講談社)1巻より

大阪豆ゴハン (1) (講談社漫画文庫)大阪豆ゴハン (1) (講談社漫画文庫)

by G-Tools

heaven01.gifさりげないセンスにふと目が止まる漫画といえば、佐々木倫子先生。「Heaven?」はフレンチレストランが舞台で、「サービス」がテーマになっている作品。なので料理や食器は脇役なんですが、この脇役たちがすごく素敵なんです。

オーナーの黒須嬢の好みなのか、全体が落ち着いたシノワ系でまとめられてて、食後に出てくるコーヒーカップも、毎回中華風デザイン。実際にウェッジウッドとかジノリとかで、こういうの出してるメーカーってあるのかなあ。あったら欲しいなあ。

佐々木先生は、食器やインテリアだけじゃなくて、女性キャラのファッションもすごく好みだったりします。「Heaven?」の黒須嬢はもちろん、「動物のお医者さん」の菱沼さん、「チャンネルはそのまま!」の雪丸嬢など、読むたびに「この服どこで売ってるのーー」ともだえるのは、私だけでしょうか……。

※【コマ引用」「Heaven?」(佐々木倫子/小学館)1巻より

Heaven?―ご苦楽レストラン (1) (ビッグコミックス)Heaven?―ご苦楽レストラン (1) (ビッグコミックス)

by G-Tools

antique01.gif漫画のなかのブルジョワな食器紹介、最後はやっぱりこれでしょうか。よしながふみ先生の「西洋骨董洋菓子店」。

一流パティシエが作る絶品ケーキ、イートイン可能、営業時間は深夜2:30まで、店員は全員イケメン。「こんな店が実際にあったら、毎日通うよ……!」と、全女子が願うケーキ店「アンティーク」。

※【コマ引用】「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ/新書館)1巻より


イートインで出される食器は、お冷やのグラスからティーカップにいたるまで、すべて本物のアンティーク。
第1話で、たまたま店に立ち寄った女性教師が、まじまじとカップを眺め、心から幸せそうにケーキとお茶を味わうシーンは、こっちにまで幸福感が伝わってきます。
デザートって、デザートそのものはもちろん、食器、空間、時間、雰囲気、その他全部含めて味わって満足するものなんだなー。
antique03b.gif個人的に一番食べたいのは「秋のチョコレートパルフェ アンティーク風」(左図)。

鹿の絵が描かれたアンティークグラスに、チョコレートとさつまいものアイス、マロングラッセ入りのブラウニーがもりもり。ファミレスのパフェにしか馴染みがない私にとって、こんな高貴な見た目のパフェ、もったいなくて食べられないかもしれない……。
※【コマ引用】「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ/新書館)1巻より

西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)

by G-Tools


ながながと書いてしまった食器の話、次回は庶民編でまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

愛用品その1 Fuego(フエゴ)の8号土鍋

fuego

冬が来る前に土鍋を手に入れなければ……!とあせっていました。愛用していたチキンラーメンのおまけのひよこちゃん土鍋が壊れて以来、ずっとステンレス鍋でしのいでいた我が家。でもやっぱり味気なく、「これは!」と思える土鍋を探して三千里の旅がはじまりました。

デパート、雑貨店、ネットショップ……いろいろリサーチしましたが、なんかピンとくるものがなく。唯一、山田知代子さんの土鍋のかわゆさにノックアウトされたものの、二人暮らしの我が家の普段使いにはちょっとサイズが大きく、泣く泣くあきらめたり。

そんな試行錯誤の末、見つけたのが京都のインテリア雑貨店「a.depeche」の土鍋「Fuego」でした。土っぽい質感に、懐かしさを覚える造形。さらにさらに、大きすぎず小さすぎずの8号サイズ!ほとんど一目惚れで購入しました。

fuego23色あるなかで、選んだのはブラック。実物を見ると、黒というよりは茶色に近かったです。説明書のとおり、おかゆを炊いて一晩置き、使用前の準備も完了。記念すべき「鍋おろし」のメニューは、クリームシチュー。コトコト煮込んでると、なんかメルヘンな気持ちになってきます(バーバー・ハーバー?)。そうそう、分量だとシチューなら6人前くらいがマックスかな。

洋風のメニューはもちろん、鍋やおでん、炊き込みご飯とかも早く作ってみたいです。


白もかわいいなー。


banner_01.gif

スポンサーリンク

Home > キッチン道具

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top