Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「深夜食堂」(安倍夜郎)のアサリとキャベツの酒蒸し

「深夜食堂」(安倍夜郎)14巻のアサリとキャベツの酒蒸し

「深夜食堂」14巻(安倍夜郎/小学館)より深夜食堂の最新刊(14巻)から、表紙にも描かれているアサリとキャベツの酒蒸しを作ってみました。
エピソードの主人公、雨女の長崎さんと晴れ男の光井さん、二人が偶然にも同じ注文をしたのがこの料理。マスターいわく評判がよくて、いつのまにか店の定番になった人気メニューのようです。
※【コマ引用】「深夜食堂」14巻(安倍夜郎/小学館)より

アサリと春キャベツ。どちらも春らしさを感じる食材ですが、特に春キャベツは青々としてやわらかで甘くて、冬のキャベツとはまるで別の野菜みたい……と思ったら、実際に別の品種なのですね(知らなかった)。

ふつうの酒蒸しかと思いきや、隠し味にアンチョビを使っていたり、マスターの創意工夫が感じられる点が気になったので、作ってみました。

あさり作り方:
アサリは塩水に1時間ほどつけて砂抜きし、よくこすり洗う。

余談ですが、アサリってこの砂抜きの手間があるので、仕事帰りの夜ごはんにはなかなか使いづらいのがジレンマ。今回、試しに50度のお湯で早く砂出しする方法を試してみたら、ものの5分で完了して感動。貝にはちょっとかわいそうですが^^;

にんにくとアンチョビフライパンに油を入れ、にんにくのみじん切りを入れて弱火にかける。香りが立ったらアンチョビのみじん切りを入れ、軽く炒める。

酒 ふた

できあがりアサリを投入し、ざっと炒めてから日本酒を多めに入れ、フライパンにフタをして貝が開くのを待つ。

貝が開いたらざく切りした春キャベツを入れ、再度フタをして軽く火を通して完成。


「深夜食堂」(安倍夜郎)14巻のアサリとキャベツの酒蒸し
食べた感想:
試してみたかったのは、これをご飯と一緒に食べるシーン。
アサリの酒蒸しはお酒のつまみとして作ることが多くて、そのたびに旨みが凝縮している汁が皿に残っちゃうのが気になっていたのですが、ご飯のおかずにする、というのは目からウロコでした。
食べてみると、あっさりしているのに滋味深くて、まさにアサリのスープご飯。
キャベツの甘みとやわらかい食感は春のキャベツならではで、この季節だけのごちそうといえるかも。

14巻はたまご豆腐をのっけたご飯とか、ナポリうどんとか「ネバネバ」とか、個人的にツボをつかれるメニューが多かったので、これからちょこちょこマネしたいです。

4091870821深夜食堂 14 (ビッグコミックススペシャル)
安倍 夜郎
小学館 2015-04-30

by G-Tools


ドラマ&映画のフードスタイリストをつとめた飯島奈美さんのレシピ本も出てました。おいしそう…!

4091868290深夜食堂の料理帖 (ビッグコミックススペシャル)
飯島 奈美 安倍 夜郎
小学館 2015-01-16

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼

「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼

ある程度料理をするようになると、「この時期しか手に入らないもの」がなんと贅沢なことか、とわかるようになりますが、タケノコもそのひとつだなー。とこのレシピを試して実感しました。

小池田マヤ先生の朝食漫画「あさひごはん」に登場する、筍のオリーブオイル焼き丼です。

「あさひごはん」(小池田マヤ/リイド社)1巻より主人公あさひの姉・ゆうひが、イギリスに赴任中の夫・理可のために作ったメニュー。
理可が結婚のあいさつに訪れた際、ゆうひの家でご馳走になり、感激したものだそう。「筍の食べ方の中ではこれが一番」というセリフのとおり、シンプルな調理法ですが、生タケノコでないとダメ、という素材勝負の一品。ちょうどスーパーにまるごとのタケノコが並ぶ季節なので試してみました。

しかしゆうひもそうだけど、小池田作品のケバくて性格キツい美人キャラは、なんでこう魅力的なのか。このエピソードもかわいさ炸裂です。
※【コマ引用】「あさひごはん」(小池田マヤ/リイド社)1巻より


たけのこ作り方:
生タケノコを用意します。
ちょっとカゴに盛るだけで、絵になる野菜ですな。

たけのこ下ごしらえ先端を切り落とし、火が通りやすいように&皮をむきやすいように中央に切れ目を入れます。
(このへんはネットで調べた下処理方法)

ぬか ゆで
鍋にタケノコと米ぬか、鷹の爪を入れ、かくれるくらいの水を入れて火にかけ、落としぶたをしながら1時間ほどゆでます(ふきこぼれないように注意)。

たったこれだけ… 薄切り
皮をむき、食べられる部分を取りだしたら縦半分に切り、薄くスライスします。
姫皮の部分も食べられるとはいえ、1時間ゆでてメインの部分はたったこれだけ…と思うとちょっと切ない。

オリーブオイルとしょうゆ オーブンで焼く
スライスしたタケノコをしょうゆ→オリーブオイルの順番に漬け、オーブンor魚焼きグリルで焼く。

木の芽パーン器にご飯とグリルしたタケノコを盛り、最後に手のひらで叩いて香りを出した木の芽をのせて完成。


「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼

「あさひごはん」(小池田マヤ)の筍のオリーブオイル焼き丼
やわらかくゆでても残る、シャキシャキした食感と、びっくりするほどの香り。
凝った味付けをしなくても、しょうゆとオリーブオイルだけでご飯のおかずとして充分。普段使う水煮タケノコとはまったく別物だと実感。
タケノコは鮮度が第一というけれど、この強烈な香りと下ゆでしてもわずかに残るえぐみは、土から掘り出した命の余韻なのかもしんない。などと思いました。

そういえば実家では初夏にかけて生タケノコのもらい物がやけに多くて、台所では「ザ・タケノコ祭り」といった感じで毎日のように母が大鍋でアク抜きをしていたな。
当時はあのにおいが苦手であまり積極的に食べなかったのだけど、もったいないことをした……。今度シーズン中に帰省したときは、もっとありがたく食べようと思います。

4845841835あさひごはん (SPコミックス)
小池田マヤ
リイド社 2014-12-25

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「リトル・フォレスト」(五十嵐大介)の塩マスとノビルと白菜の蕾菜のパスタ

「リトル・フォレスト」塩マスとノビルと白菜の蕾菜のパスタ

遠洋漁業の漁師たちが船上でかっこんで食べる捌きたての大トロ丼は、町の寿司屋の味とは比べ物にならない、と何かで読んだことがある。
青森のリンゴ農家には、傷物ゆえに出荷できないけれど糖度が抜群に高い「農家しか食べられないリンゴ」があるという(これは「美味しんぼ」だったかな)。

そんな「食の最前線」にいる人々だけに許された味は、流通がどれほど発達してもスーパーではきっと手に入らない。単なる一消費者の自分は指をくわえて眺めるしかなく、これほど贅沢な食の世界もないと思う。

「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より五十嵐大介先生の「リトル・フォレスト」には、そんな宝物のような山村の食材がゴロゴロと登場します。だから再現するには敷居が高いメニューも少なくありません。

春先のエピソードに出てくる「塩マスとノビルと白菜の蕾菜のパスタ」もそのひとつ。
ありあわせの季節の野菜を使って作った、いち子の特製パスタ。
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より

「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より塩マスとノビルは通販などで何とか手に入ったのですが、問題はこの「白菜の蕾菜」。
作中によると、冬の間畑で放っておいた白菜が、春先に茎を伸ばして蕾をつけたものだそう。いわば白菜のオマケ的な存在で、調べた限りではコレを市販しているところは皆無。農家で食べているところもあるようなのですが……。

菜の花に似ているそうなので、代用しようかなー、と諦めかけていたところ、実家の祖母が白菜を作っていたのを思い出して連絡してみた。
すると「4月になれば採れるかも」とのことで、無事送ってもらえたのでした(ありがたや)。
ちなみに近所にも蕾菜ファンはいるらしく、「本体の白菜より好き」という声もあるとか……。
※【コマ引用】「リトル・フォレスト」(五十嵐大介/講談社)2巻より

白菜の蕾菜
これがその白菜の蕾菜。
ほんとに菜の花にそっくりで、ところどころに黄色い花も見えます。

ノビル
こちらは取り寄せたノビル。辛みのあるネギ、といった味。根っこの部分はらっきょう or エシャロットっぽくもある。

ノビル2 蕾菜2
ノビルはざく切りに。蕾菜は洗っておく。

塩マス塩マスはグリルで焼いて、身をほぐしておく。

皿あたためるパスタ用に湯をわかし、鍋に菜箸を渡して皿を温めておく。
これも作中にあったシーンだけど、この丁寧な描写が毎度好き。

ソースつくるフライパンに油を入れて熱し、ざく切りしたノビルをさっと炒め、塩マスのほぐし身、パスタの茹で汁を加えてよくなじませ、ソースを作る(お好みでしょうゆを足してもいいかも)。

蕾菜投入パスタはゆであがり1分前くらいに蕾菜を加える。

あわせるパスタ&蕾菜の湯を切って、フライパンのソースとよくあえ、塩コショウ。


温めておいたさらに盛る(MOCO様風にここで追いオリーブしても)。
塩マスとノビルと白菜の蕾菜のパスタ
食べた感想:
ノビルのピリっとした辛さに、焼きマスの塩気。春の山の味がそのまま詰まったようなパスタでした。
白菜の蕾菜は、苦みのない菜の花、といった味で、これはファンがいるのもわかる。どうして市販されないんだろう!(でも白菜を収穫せずにそのままにしないと採れないんだから、やっぱり大量生産するには効率悪いのかな…)

「リトル・フォレスト」の作りたいけど作れないシリーズといえば、あずきスコーン&マフィンもそのひとつ。
もちろん普通の小豆で作ってもいいんだけど、完熟前の「未熟な小豆」で作るそれはどんな味なのか、気になって気になって……!


※いただいたコメントへの返信、またも遅れ気味で申し訳ありません。。。
ひとつひとつ大変励みになっております。ありがとうございます。

406337582Xリトル・フォレスト(2) (ワイドKCアフタヌーン)
五十嵐 大介
講談社 2005-08-23

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top