Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「サウダーデ」(池辺葵)のブルーベリーシロップのラッシーとカフェラテ

_1190252_convert_20150913170759.jpg

池辺葵先生の「繕い裁つ人」を最終巻まで一気読みしたらじーんときてしまい、もうちょっとこの世界観に浸っていたくなって、次に手に取ったのが「サウダーデ」。
それぞれの舞台は同じ町、主人公の市江と佳乃は元同級生という設定なので、作品を見比べながら読むのも楽しい。

「繕い裁つ人」では町の仕立て屋で職人気質の市江が、「変わること」と「変わらないこと」、ふたつの価値観の間で揺れ続ける姿が描かれました。
対して喫茶店のオーナーである「サウダーデ」の芳乃は「待ち続ける人」。いつ帰ってくるかわからない大切な人のために、「故郷」となる場所を守る主人公です。

といっても芳乃は頑固一徹の市江と違い、一見ちゃらんぽらんで自由気まま。
客がいなければテレビに夢中だし、必要以上の愛想もサービスもふりまかない。その態度に「感じ悪い」と怒る客も後を絶ちませんが、読み進めていくと、彼女の印象が変わっていきます。

「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻よりその一端が、ブルーベリーラテのエピソード。
ある日やってきた情報誌の広告営業の女性。張りついたような営業スマイルが特徴の彼女は、「カフェラテにブルーベリーソースをつけてほしい」と注文しますが、芳乃はあっさり「できない」と断ります。
店にブルーベリーのシロップがあるんだから、それくらい対応してくれもいいじゃない……。
店員のタツエも女性も納得がいかない顔になりますが、ちゃんと理由がありました。

コーヒーの苦みとブルーベリーの酸味は、けっして相性がいいものではない。
芳乃はそれがわかっているから、たとえ客の要望であっても受け入れません。市江と同じく彼女もまた、頑固な美学をもった「プロ」なのです。
※【コマ引用】「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より


「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より「万能」と言われるだけあって、ブルーベリーシロップはほかのエピソードにも登場します。
店の常連で、いつもラッシーを頼むメガネ男子(あとで「沢田」という名前と判明)。彼が芳乃にお礼として渡したブルーベリーシロップ、それにバニラアイスを加えて作る、スペシャルなブルーベリーラッシー。
シェイク風になるのか、ストローで飲み切るときの「コオッ コオッ」という擬音まで、やけに美味しそうに見える魅惑のメニューです。
※【コマ引用】「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より

ブルーベリー作り方:
ちょうど生のブルーベリーが旬で安かったので、シロップを作って両方再現してみます。
冷凍じゃない、生のベリーってなかなかお目にかかる機会がないからテンション上がる(´ρ`≡´ρ`)

氷砂糖熱消毒した容器に、生ブルーベリーと氷砂糖を交互に重ねていく。
腐敗防止にお酢もちょっとだけ入れる。

漬ける 煮詰めた
ときどき容器をゆすりながら、1週間待てば氷砂糖が溶けてルビー色の美しいシロップに。
……と言いたいところですが、底の方に氷砂糖が残ってしまったので、火にかけて軽く煮詰めてみる(梅シロップと同じで、冷凍のブルーベリーのほうがうまく漬かるのかなー)。

煮詰めると透明感は失われるけど、より濃厚なシロップになりました。
香りがものすごくいいです。ロッテにブルーベリーガムって商品がありますが、あの香料そのまま(なんて貧弱な表現…)。天然でもこんなに鮮烈な香りがするのですね。
シロップ完成
材料 ラッシー作り方
ラッシーを作ります。
材料はブルーベリーシロップ(果実もそのまま投入)、無糖ヨーグルト、バニラアイスクリーム、牛乳。ミキサーでガーッと撹拌して完成。

ラテ作り方ラテの泡は電動ミルクフォーマーがなくても、耐熱容器に牛乳を入れてレンジにかければそれっぽいのが出来た。


まずはブルーベリーのスペシャルラッシー。
ブルーベリーシロップのラッシーとカフェラテ
インド料理店のさっぱりしたラッシーと違って、バニラアイスが入るとリッチなデザートみたいな感じになるんですね。アイスを多めにするとヨーグルト風のシェイクに。ブルーベリーの果肉も存在感あって、これは美味。

ブルーベリーシロップのカフェラテ
次にカフェラテ。白いふわふわの泡にベリーが浮いているビジュアルは、オトメ心くすぐる。
作中に出てきた女性は雑誌で見てあこがれていたこのメニューを、念願かなって別のカフェで注文しますが、「見かけだおし」と気づきます。
ただ実際飲んでみると、思ったよりも悪いもんじゃないな、という印象。ミルクの泡が緩衝剤になって、ベリーの甘酸っぱさとコーヒーの苦さを中和してくれてるから?(でもまあ、キャラメルラテとどっちか選べ、と言われたら、キャラメルを選ぶかな…)

残ったブルーベリーソースは、ヨーグルトに入れたりクリームチーズと一緒に食べたりしてるうちに、そろそろなくなる勢い。
来年のブルーベリーの季節が、また楽しみになりそうだ。

サウダーデ(1) (KCデラックス Kiss)
池辺 葵
4063760863

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「ハクメイとミコチ」(樫木祐人)の自家製リモンチェッロ

「ハクメイとミコチ」のレモンチェッロ

ちょっと前に作ったブドウパンに続き、「ハクメイとミコチ」2巻に登場するリモンチェッロです。

「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)2巻より※【コマ引用】「ハクメイとミコチ」(樫木祐人/エンターブレイン)2巻より

ハクメイがたまたま見つけた、森の中の小さな卵型美容室。この店の主人は、ベリーショートのちょっとマイペースな美容師、ジャダさん。
彼女が作ったリモンチェッロは「酸っぱくて甘ったるくて苦くて」飲めたものではなく、料理好きのミコチのアドバイスでリベンジすることに。

リモンチェッロはイタリアの家庭でよく作られるリキュールで、食後にストレートで飲むのが一般的だそう。名前は聞いたことがあるけれど、初めて飲むお酒です。作中の説明を読む限りは、それほど手間もかからなさそう。
なにより、ほかのエピソードもそうですが、こびとたちのハンドメイド生活の描写がかわいすぎて、真似したくなってしまうのです。

材料材料:(分量は参考まで)
レモン(無農薬のもの)12個、スピリタス500ml瓶1本。
スピリタスは「アオイホノオ」のお好み焼きの再現でも使いましたが、世界一の度数となる96度のお酒。今回もお世話になります(まさか人生で2本目を買うとは思わなかった)。

レモンの皮をむく レモンの皮をむく2
レモンは洗って一つずつ皮を薄くむいていきます。
ジャダさんが失敗したように、皮の白い部分が入ると苦くてマズい仕上がりになってしまうので、ここは細心の注意で丁寧に。
しかし今回使った国産のレモンは皮が薄くて、ピーラーでも厚くなってしまう……。包丁でなるべく薄くむいたあと、皮の裏側に残った白い部分をこそいでみました。

レモンの皮をむく312個分仕上げるのは相当時間がかかる……気が付けば指もボロボロ。誰だ、手間がかからないなんつったのは(\私です/)。

スピリタスを注ぐ消毒した容器にレモンの皮を入れ、スピリタスを一瓶分注ぎます(火気厳禁)。

びんこのまま一週間漬け込みます。

レモンの残り残った大量のレモンは果汁を絞って冷凍保存しました(とりあえず余ったものは何でも冷凍する癖がついてしまっている…)。

一週間後一週間経った状態がこちら。
皮の色が蒸留酒に溶けて色づいています。レモンというよりはオレンジに近い色。市販のリモンチェッロとはまた違う印象なので、レモンの品種によるのかもしれない。

一週間後の皮ザルにキッチンペーパーを敷き、蒸留酒を漉してレモンの皮を取り出す。漂白したかのように色が抜けきって、驚きの白さに。

シロップと混ぜたあと鍋に水500mlとグラニュー糖500gを熱して溶かし、シロップを作ります(ここの工程写真撮り忘れた)。

冷めたシロップと蒸留酒を混ぜ合わせ、再び1週間寝かせて完成。


飲むときはキンキンに冷やしていただきます(度数が高いので冷凍庫に入れてもOKらしい)。
ほんとはショットグラスで飲みたかったけど、持ってないので代用のフルートグラス。サマになってなくてすみません。
「ハクメイとミコチ」のレモンチェッロ
感想:

リキュールは普段カクテルでしか飲まないので、こんなふうにストレートで飲むのは初めて。慣れていないので、強烈な甘さと度数のキツさにクラクラ。
香りはレモンなのに酸味はゼロというのも、どうも不思議な感じです(あまりに予想外だったので、不安になって市販品も買ってみたけど、やはりこういう味なのですね)。
試しに炭酸水とレモン果汁で割って飲んでみたら、安心できる味になりました^^; どうせ私は居酒屋の安いレモンサワーが大好きな安い舌の持ち主…。

アイスクリームにそのまま飲むのはちょっと慣れなかったのですが、アイスクリームにかけて食べたら絶品だった。バニラアイスが大人の味になりました。

4047293946ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)
樫木祐人
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-01-14

by G-Tools


3巻に登場する「ジュレップ」もおいしそうなのでいずれ作ってみたいなー。ウイスキー版モヒートみたいなカクテルのようです。なにげにお酒のエピソードが多いので、酒のみにはそのへんも魅惑の漫画です。

404730154Xハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス)
樫木 祐人
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-01-15

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「3月のライオン」(羽海野チカ)の冷やしあめウイスキー

「3月のライオン」(羽海野チカ)の冷やしあめウイスキー

「3月のライオン」では主人公の零君だけでなく、さまざまな棋士たちにもスポットが当てられます。怪物・宗谷名人のように華があってマンガ的にもキャラが立っている人たちだけでなく、普通の将棋漫画ならスルーされてしまいそうな、地道な勝負を続ける棋士がエピソードの主人公になることもあります。

10巻に登場する入江さんもそのひとり。
子供のころに海でおぼれかけた経験から、「決してパニックをおこさない事」を信条に生きてきた棋士。
零との対局の日も、天才高校生である零と、20年かけてこつこつ同じランクに上った自分を会長(デリカシー皆無)に比較されても、にこやかに「勉強させてもらいます」と返すような人柄(カッコよすぎてホレる…)。

そんな常にマイペースな彼にも「精神安定剤」的なものはあるようで、対局のときはエネルギー源として缶しる粉が欠かせないよう。零との対局でも休憩時間に「かーっ甘っっ」としる粉を飲みながら、落ち着こうとする様子が印象的でした。

リアルの将棋界でも、カリスマ性やユニークなキャラで人気を博す棋士たちもいますが、ほとんどの棋士は入江さんや9巻に登場した土橋さん、それに島田さんのように、地道にコツコツと努力を続けてきた人たちなんでしょう。零や宗谷のような天才だけでなく、そういった人たちの姿の丁寧な描写こそ、この作品のもうひとつの大きな魅力だといえます。

「3月のライオン」(羽海野チカ/白泉社)10巻よりそんな入江さんが零との対局のあとにバーでひとり注文したのが、冷やしあめの小瓶。ひと口飲んでから、バーのママに氷とウイスキーを入れてもらい「あめスキー」に。
※【コマ引用】「3月のライオン」(羽海野チカ/白泉社)10巻より

珍しい飲み方にほかの客も驚きますが、
「私も最初は驚いたけど――でも これが意外とクセになるのよ」
とバーのママ(美咲ママ?)が語るように、なかなかおいしそうでもあります。


入江さんが飲んでいた、あのビンの冷やしあめは実在するのかしら……。
と気になって調べてみたら、広島の桜南食品というメーカーさんが出しているワンカップのひやしあめ(ページ左下の商品)が作中に出てくるものによく似ています。

お取り寄せしてみたのがこちら。
ビンの柄は三種類あるようで、かわいい花柄タイプが2種類、「ひやしあめ」と書かれたものが1種類。どれもレトロでかわいいです。飲み終わったらプリン容器とかにしてもよさそう。
冷やしあめ

アルミのフタを開けて飲む方式のようです。アルミの表面がところどころヘコんでいて、ユルい感じで密閉されているのがまたレトロでいい。
冷やしあめを開ける

氷を入れる前にそのまま一口飲んでみると、ジンジャーエールともまた違う、生姜の風味が広がります。かなり甘いけど、砂糖だけでなく麦芽飴が入っているせいか、まろやかにも感じる。

氷を入れる ウイスキーを入れる
ロックアイスを入れて、ウイスキーを注いで混ぜます(量はお好みで)。

「3月のライオン」(羽海野チカ)の冷やしあめウイスキー

かわいらしい花柄グラスに甘いウイスキー、というなんだか不思議な取り合わせ。
濃厚な甘さにウイスキーの香り、ショウガの懐かしい風味は、「勝負のあとの美酒」にふさわしい味かもしれません。炭酸で割ったら、ジンジャーハイボール風にもなるのかな? 余った冷やしあめでまた試してみよう。

ところで、入江さんは零君との対局に勝ったのか? 負けたのか?
はっきりと描かれてはおらず、文脈からすれば負けたととらえられそうですが、読み方によっては勝ったと見る人もいるでしょう。どちらにしろ、この白黒つけない余韻のある終わり方こそ、入江さんのエピソードにふさわしい締め方だなあと思います。

B00PXF6BGO3月のライオン 10 (ジェッツコミックス)
羽海野チカ
白泉社 2014-11-28

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top