Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「たそがれたかこ」(入江喜和)のゆり根のあんかけ

「たそがれたかこ」(入江喜和)の百合根のあんかけ

先月6巻が出た「たそがれたかこ」ですが、今回再現するのは夏に発売された5巻から。
ほんとはもっと早く紹介したかったのですが、理想の「ふた付きの容器」を探すのに時間がかかり……。合羽橋の中華雑貨店でこれ見つけたときは思わずガッツポーズ。

若手バンド「ナスティインコ」にハマった45歳のバツイチ・たかこさんが、人生初のライブを経験するエピソードを描いた5巻。

いつもよりオシャレをして、電車に乗ってライブハウスに向かう。ただそれだけのことですが、人生を半ば諦めていた状態のたかこさんにとって、この日のひとつひとつのシークエンスが、どれだけ忘れられないものになったか。過去の自分を救ってくれるものになったか。彼女が過ごした劇的な一日の時間の流れが、丁寧に丁寧に描かれていて、圧巻です。

「たそがれたかこ」(入江喜和/講談社)5巻より今回再現したのは、近所の飲み屋「美馬」の店主・修平さんが、たかこさんの「ライブ処女ソーシツ」祝いのために作った、一品。花のかたちに細工切りしたゆり根に、エビ、アボカド、銀杏をちらしたあんかけのお椀。

入江先生のインタビュー記事によると、火野正平がモデルというだけあって、女心をつかみまくる修平さんのセンス、さすが。

たかこの夢は夜ひらく」という情念たっぷりの料理名がつけられていますが、「愛の水中花」も頭に浮かびましたw
※【コマ引用】「たそがれたかこ」(入江喜和/講談社)5巻より


ゆり根作り方:
百合根は丸ごと使うので、黒ずんだ根っこの部分をスプーンなどでくりぬいておく。

ゆり根を花型に切る汚れた燐片はむいて取り除き、外側の燐片から順にひとつひとつ包丁(小型包丁が扱いやすい)で切り込みを入れていくと、こんな花のような形になります。


私のヘタな説明では伝わりづらそうなので、詳しい作り方はこちらの動画をぜひ(こんなにきれいに出来てませんが…)。


酢で煮る鍋にお湯を沸かし、酢を少々入れてから百合根を3~4分ほどゆでます。
煮崩れないように注意。

浸す茹でた百合根は出汁に漬けておく。

海老の酒蒸し百合根のあんかけに添えるのは、エビ、銀杏、アボカド。
エビは殻をむいて背ワタをとり、酒と塩少々を入れた小鍋で火が通るまで蒸します。

あんかけ鍋に出汁にみりん、薄口しょうゆを加え、水とき片栗粉でとろみをつけます。
ここに百合根、エビ、銀杏を入れて軽く温めます。

盛り付ける皿に切ったアボカドを配し、中央に百合根、周囲にエビ、銀杏をちらし、あんをかけて盛り付けます。


おともはたかこさんがよく頼む梅酒をロックで。
ふたつき

やっぱりフタ付きの食器でないと、このサプライズ感は出せない。
「たそがれたかこ」(入江喜和)の百合根のあんかけ

作中は一輪花ですが、百合根が大きかったので今回は二輪。
「たそがれたかこ」(入江喜和)の百合根のあんかけ
食べた感想:
短時間でもほくほくに煮えたゆり根に、和風のあんかけだしがほっとするおいしさ。こんな華やかなお椀で心遣いされたら、もうキュン死せざるを得ない。神様、うちの近所に美馬を……美馬の店をください……。

ゆり根は年末年始あたりスーパーでよく見かけるようになるので、おもてなし料理にもいいかも。

たそがれたかこ(5) (KCデラックス BE LOVE)
入江 喜和
4063772233

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「ダンジョン飯」(九井諒子)の盗れたて野菜と鶏のキャベツ煮、略奪パンとご一緒に

「ダンジョン飯」盗れたて野菜と鶏のキャベツ煮、略奪パンとご一緒に

やっと九井作品のご飯を再現できて、自己満足に浸っています。
短編集「ひきだしにテラリウム」で描かれる、架空のご飯ワールドのセンスに脱帽したので、九井先生が新作で「食」をテーマに描く、と知ったときは「編集者はわかってらっしゃる!」とうなずいたものでした(えらそうに)。

しかし発売された「ダンジョン飯」1巻に登場する料理は、舞台がRPG風ファンタジーだけに、出てくるのはガチの非実在食材。
スライムとかミミックとか、カルディにも新大久保(※やたらとマニアックな食材が揃う素敵なまち)にも当然置いてないので、「あの食材を代用したら雰囲気だけでも近づけるかな~」と妄想をたくましくするしかありません。

「ダンジョン飯」(九井諒子/KADOKAWA)2巻よりそんなみんなの悩みに応えてか(?)、先日発売された2巻では、人間界でも手に入りやすい材料で再現可能なレシピが登場しました。
第9話に登場する、手作りパン&クレープにはさんで食べる鶏のキャベツ煮の献立です。
※【コマ引用】「ダンジョン飯」(九井諒子/KADOKAWA)2巻より

盗れたて野菜と鶏のキャベツ煮 略奪パンとご一緒に」とこじゃれた名前のつけられたこのメニュー、1~2巻に登場する料理のなかでは最もノーマルで作中世界に近い再現ができそう。

念願のダンジョン料理、わくわくしながら挑んでみました。

ヨーグルト酵母パン(作り方):
まずはパン作りから。
作中でパンを発酵させる種となったのは、オークが略奪先から持ち帰った「腐った乳」。
ということで、イメージ的に近そうなヨーグルト酵母を起こしてみます(天然酵母初心者でも扱いやすいらしい)。
※作り方はこちらのレシピを参考にさせていただきました


粉まぜボウルに強力粉(300g)、塩(小さじ1)、砂糖(大さじ2)、水(180cc)、ヨーグルト酵母(大さじ2)を入れて混ぜます(※分量は自宅のホームベーカリーの天然酵母パンのレシピを参考にしていますが、酵母はもうちょっと多くてもよかったかも)

オリーブオイル こねる
生地がまとまったらオリーブオイル(大さじ1)を加えてこねる。生地がきれいに伸びるようになるまで、打ち粉をした台にたたきつけながらしっかりこね続けます。

一次発酵 一次発酵2
ボウルに入れてラップをし、生地が2~3倍になるまで暖かい場所で一次発酵。
今回は半日ほど置いたのですが(知らなかったけど、イーストと違って天然酵母って時間かかるんですね)、ちょっと過発酵になっちゃった……。

丸める軽く生地のガスを抜き、等分(今回は12等分)して丸めます。作中の描写にはなかったけど、念のため1時間ほどベンチタイムも設けました。

二次発酵 二次発酵2
鍋に生地を並べ、二次発酵させます(1時間ほどですが、パンが固めに仕上がってしまったので、もっと長くてもよかったかも)。
鍋はストウブを使っています。コンロとオーブンで半々ずつ焼くので、オーブンが使えてフタのある鍋なら何でもいいかも。

鍋焼き鍋にフタをし、ごく弱火で30分ほど焼きます。
フタで少しつぶれちゃったけど、パン生地が下からぐーっと伸びあがってきます。

オーブンフタをとり、180度に予熱したオーブンで30分焼く(パンにきれいな照りを出すなら、オーブンに入れる前に卵液をパン表面に塗っておく)。


焼きあがり。天然酵母パン、のんびりしてていいけど時間かかるんですね…。
「ダンジョン飯」のパン
裏 焼けた
底もしっかり焼けました。
高さのある鍋で焼いたので、作中とちょっと違うシルエットになっちゃいましたが…。底の浅い鍋なら、もっと近い形になったかも。

キャベツ煮材料ピリ辛鶏と丸ごとキャベツ煮:
続けてメインディッシュ。
おもな材料はキャベツ、にんじん、玉ねぎ、鶏肉、唐辛子。
これをどう調理するかはほとんど説明がないので、コマの絵から妄想するしかありません。

鶏手羽の下ごしらえ鶏肉は絵にあわせて手羽にしました(でも色んな部位をミックスしてもよさそう)。
ボウルに入れて塩、みじん切りした唐辛子を揉みこみます。

キャベツキャベツはどうしようかな…。
「丸ごと」とあるけれど、刻んでいるようにも見えるので、とりあえず適当な千切りにしてみる。

にんじん、玉ねぎにんじんは輪切り、玉ねぎはざく切り。

鍋に並べる キャベツどっさり
鍋に玉ねぎ→にんじん→鶏手羽、の順に重ねて並べ、水を入れてフタをして煮込む。

キャベツ煮完成キャベツがしんなりと煮えたら、塩コショウで味を調える。
マルシルが「辛っ」という反応をしていたことを思い出して、唐辛子の輪切りと一味も追加してみる。

クレープ生地 クレープを焼く
クレープ:
最後に、メインディッシュをくるんで食べるクレープを準備。
小麦粉、塩、水、オリーブオイルをボウルでよく混ぜ、一度漉す。フライパンで両面がパリッとするまでよく焼く。
※「クレープ」という言葉に引きずられて上記の配分にしちゃったけど、水分減らしてチャパティ風にしてもよかったかも…

念願のダンジョン飯、できあがりました。
「ダンジョン飯」盗れたて野菜と鶏のキャベツ煮、略奪パンとご一緒に

手作りパンは小分けにちぎって食べるのが何だか楽しい。発酵で失敗したせいか、みょーに噛みごたえのある仕上がりになっちゃいましたが…。

「ダンジョン飯」クレープにはさむ
鶏のキャベツ煮は唐辛子をたくさんぶちこんだので、ピリ辛というより激辛ですが、ポトフっぽくて食べやすい。
あっさりしてるし汁気もあるので、クレープにはあまり合わないけれど、そこは主人公たちにとって異文化であるオークの食生活なので、違和感を感じるレベルでいいのかもしれない…と勝手に納得。

ひとつ前のエピソードでは、ドワーフ族のセンシがほぼ同じ材料で作るキャベツ煮が登場します。
オークとドワーフ、種族によってまったく違う食文化が存在する。
王道のRPGでは描かれない些細な描写だけれど、なにより彼らを身近に感じさせてくれるじゃありませんか。

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
4047306762

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ)のスルメと大根の煮物、海老と冬瓜の煮物

P1090947.jpg

「家政婦・里シリーズ」の最新作「誰そ彼の家政婦さん」。
料理一色だった前作にひけをとらず、今回も里のおいしそうな料理がたくさん登場します。
中編の「しのぶもぢずり」は、バツイチ・男やもめの信夫さんのもとに「顔を合わさないこと」を条件に派遣された里が、掃除や作り置きの料理で交流していく様子が描かれます。

契約通りお互いに顔を知らず、書置きする手紙のやりとりで関係が深まっていく前半は、まるで平安時代の恋もようのようで、情趣たっぷり&ドキドキ。

「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より「スルメと大根の煮物」は、とある事件からついに二人が対面したのち、里が信夫に教えた料理。本来は「海老と冬瓜の煮物」ですが、その場にあった材料でアレンジしたのがこちら。
※【コマ引用】「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より

料理上手の里が作る和食、さぞ時間も手間もかかるもの……かと思いきや、実は炊飯器ひとつでできてしまう簡単料理なのです。

P1090914.jpg材料:
大根、こんぶ、するめ、鷹の爪。あと調味料に酒、みりん、塩。

P1090917.jpg炊飯器に4~5cmに輪切りした大根(念のため面取り、十字切り込みも)、するめ、こんぶ、鷹の爪を入れ、ひたひたの水を注ぎ、酒、みりん、塩を適量入れる。
炊飯器を「おかゆ」モードにしてスイッチオン。ザッツオール!! めちゃ簡単。
(おかゆモードがない場合は、普通炊きを長めにすればいいような気がする)

P1090941.jpg炊き上がり、こんな感じ。イカの匂いがぷーんと漂います。
大根をちょっと厚めにしたせいか、トロトロまではいかず。もうちょっと長く加熱してもいいかも。


皿に盛って、お好みで「かんずり」を添える(なければ柚子胡椒でもよさそう)。
P1090961.jpg

P1090979.jpg食べた感想:
イカの出汁が大根によく染みて、派手さはないけどあたたかくてほっとする味。
あんま飲めないけど、本能的に日本酒がほしくなります。
出勤前に仕込んでおけば、帰宅時にはこれで一杯できる……って、なんて素晴らしいんだ炊飯器料理。こんなのさっと出されたら、そりゃ信夫さんも落ちるよね。

あとスルメってそのままあぶって食べるだけじゃなく、こういう「乾物」的な使い方もアリなのね、と目からウロコでした。酒飲みさんじゃなくても常備しといて損はないかも。


「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)よりそしてやっぱりもうひとつのレシピも試したくなってしまい、「海老と冬瓜」バージョンも作ってみることに。

※【コマ引用】「誰そ彼の家政婦さん」(小池田マヤ/祥伝社)より

P1090982.jpg材料はスルメ→海老、大根=冬瓜 に置き換えるだけ。ほかは調味料含め同じ。

P1090986.jpg海老は日本酒入れたお湯でさっとゆで、殻をむいておく。殻は炊飯器にダシとして入れて、身はあとで温めて添えるのでとっておきます。

P1090987.jpg冬瓜はタネをとって皮をむき、大き目に切っておく。炊飯器に海老の殻、昆布、冬瓜、鷹の爪を入れてひたひたの水を入れ、あとは同じく酒、みりん、塩で味付けしてスイッチオン。

P1090990.jpg炊き上がりこんな感じ。
こっちはおかゆモードだと、トロットロの状態に。通常の炊飯モードでも十分かも。
海老の殻を取り除き、とっておいた海老の身を入れ、炊飯器を保温状態にしてしばらく温めます


温かい状態もいいけど、こっちは冷やして食べてみた。オクラをさっとゆでて半切りにしたものも添えます。
P1100008.jpg

P1090999.jpg
箸で持ち上げられないくらい、冬瓜がトロトロ!
海老殻の出汁がじっくりしみこんで、これもお酒がほしくなる味。
大根が冬向きなら、こっちは夏向きかも。そういえば「冬瓜」という名前のくせに、旬は夏なんですね、この野菜……。

「里」シリーズを読んで毎回感じるのは、料理だけじゃなく掃除や洗濯、そんな些末な家事の積み重ねが、日常を大きく動かしていくという説得力。なにかを変えるのに、劇的なことはそれほど重要じゃないのかもしれない。
でも家事がんばろう&ちゃんと暮らそう…という前に、やっぱ単純に「うちもSランク家政婦ほしい!!」です…。

「ピリ辛の家政婦さん」料理一覧
「放浪の家政婦さん」料理一覧

4396765649誰そ彼の家政婦さん (Feelコミックス)
小池田 マヤ
祥伝社 2012-11-08

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top