Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「海街diary」(吉田秋生)のドイツパンのコロッケサンド

「海街diary」(吉田秋生)のドイツパンのコロッケサンド

「まんが道」以来、漫画とコロッケパンの間には何か特別な関係があるのでしょうか。これまでにもいくつかの作品を紹介してきましたが、「海街diary」の最新刊(7巻)にも、おいしそうなコロッケサンドが登場していました。

「海街diary」(吉田秋生/小学館)7巻より「肉のナカムラ」でコロッケを買うついでに、姉たちから大量のおつかいを頼まれたすず。
長女の幸(さち)が頼んだのは、「ベルグフェルド」のドイツパン。
「お姉ちゃんのお気に入りのおっもいドイツパン」とすずが説明していますが、幸はナカムラのコロッケとこのパンを一緒に食べるのにハマっているようです。
※【コマ引用】「海街diary」(吉田秋生/小学館)7巻より

「海街diary」には架空のお店とは別に、実在の鎌倉の有名店もいくつか登場しますが、「ベルグフェルド」もそのひとつで、本店は鶴岡八幡宮の近く。すずが立ち寄ったのは、長谷店のようです。
7巻を読んで、四姉妹だけでなく、「海街(鎌倉)」もこの物語の主役なのだと思わされたのですが、地元のお店の愛情あふれる描かれ方にもそれが表れている気がします。

さてコロッケパンといえば惣菜パンの代表格ですが、普通は食パンやコッペパンで作るもの。かたやドイツパンといえば「堅い・重い・酸っぱい」が特徴で、日本人好みの「ふわふわもちもち」パンと対極の存在。日本でもハードコアなパン好きはこちらを好む印象ですが、幸姉もそうなのでしょうか。
なんにしろ、コロッケとドイツパンの組み合わせ、どんな味になるのか気になって再現してみました。


こちらがベルグフェルドさんで購入したパン。紙袋のデザインがかわいい(ちなみにメールでの通販もできるようです)。
鎌倉・ベルグフェルドのドイツパン

ドイツパンにはいくつか種類がありましたが、今回買ったのは、「ライ プレーン」と「プンパニッケル」。
どちらもライ麦を使ったドイツパンですが、「ライ プレーン」はライ麦が40パーセント、プンパニッケルは70%で、見た目も重さもびっくりするほど違います。

プンパニッケル(右)はほんとに「ずっしり」という言葉がぴったりで、すずが風太に荷物運びのヘルプをお願いしたのも納得。幸姉が頼んだのもこっちだったのかな。
鎌倉・ベルグフェルドのドイツパン

コロッケは豚肉と牛肉の二種類を買ってみた。
コロッケ

和風ソース「肉のナカムラ」の自家製ソースは「ちょっと和風」という、幸姉の貴重な証言があるので、市販のソースにかつおだし+醤油をブレンドしてみる。

ちなみに関西のオリバーソースからは、ずばり「しょース」なる製品も出ているようで気になる。


コロッケをオーブントースターでこんがりと温めたら、ソースを塗って、そのまま薄く切ったドイツパンにはさんでいただきます。
手持ち
食べた感想:
まずはライプレーンから。みっしりと噛みごたえがあるパンがおいしい。でもコロッケとダイレクトに相性がいいかといわれると、間に何か野菜があったほうがいいような気もする。

「海街diary」(吉田秋生)のドイツパンのコロッケサンド
こちらはプンパニッケル。
酸味のきいた重い黒パンに、こんがりサクサクの甘いコロッケの組み合わせが、意外なおいしさ。幸姉がハマったのも納得で、個人的にもこっちのほうが好み!

それぞれ、カットした断面図。
断面 断面

チカちゃんのおつかいオーダーが「コロッケパンにコロッケ4つ」で、佳乃が「どうかしてる」とつっこんでいましたが、コロッケパンを食べても、単品のコロッケは別腹なのだ……と、実際に食べた私が擁護させていただきます。コロッケさいこう。

今回、お遊びで動画も作ってみました(ぶれぶれですみません…)。



そのほかの「コロッケパン」漫画飯はこちら
「まんが道」(藤子不二雄A)のフランスパンのメンチカツ&コロッケはさみ
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のコロッケパン
「真夜中ごはん」(イシヤマアズサ)のクリームコロッケサンド

ドイツパンを取り上げた漫画飯はこちら
「女の子の食卓」(志村志保子)のライ麦パンのサンドイッチ

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「勤番グルメ ブシメシ!」(土山しげる)の南京汁と胡椒飯

「ブシメシ!」の南京汁

私の知っている中で、一番「静かな」土山しげるマンガかもしれない。

「勤番グルメ ブシメシ!」は、江戸時代の実在の武士、酒井伴四郎の日記をもとにした江戸グルメ漫画。紀州藩から単身赴任で江戸に勤番しつつ、叔父の食事の世話を引き受けている伴四郎の食生活が描かれます。

怒号も飛び交わないし、ヤクザも謎の必殺技も出てこないし、淡々と描かれる下級武士の日常は、まるで谷口ジロー作品のようで、これがほんとに土山先生なのか…(※偏見です)と驚きますが、もともと生活感を描くのがうまいだけあって、こまやかな描写が新境地の面白さ。食い意地の張った叔父上とのやりとりや、江戸の街グルメをうきうきと食べ歩きする様子に、200年前の人物と思えないほど親近感がわいてきます。

今回は、9話に登場する「南京汁」と「胡椒飯」を再現してみます。どちらもおなじみの食材が登場しながら、その調理法は今の私たちからするとちょっと新鮮。

「勤番グルメ ブシメシ!」(土山しげる/リイド社)よりまずは「南京汁」から。風邪をひいた叔父のために作った、温かくて腹持ちのいい汁物。
料理名に「南京」とついているとカボチャを思い浮かべますが、これは溶き卵とおからが入った味噌汁。なぜこの名称なのかは、少し調べてみても解明できず…。

※【コマ引用】「勤番グルメ ブシメシ!」(土山しげる/リイド社)より


おから おからを炒める
南京汁の作り方:
フライパンにサラダ油を入れて熱し、生おからを焦げないようにパラパラになるまで炒める。

溶き卵を入れる おからを入れる
味噌汁を作り、そこに溶き卵をまわし入れてふんわりと仕上げる。炒めたおからを入れて軽く混ぜ、ひと煮立ちさせたら完成。

完成
食べた感想:
おからと卵、肉食が一般的ではなかった江戸時代の貴重なタンパク源がたっぷり入っていて、まさに「滋養食」。
味噌汁におから、って初めての組み合わせだけど、クセもなく、すり流しのようにするすると食べやすくて、気に入りました。よく考えたら豆腐とか油揚げとか、大豆製品は味噌汁の定番なので、合わないはずないか。


「勤番グルメ ブシメシ!」(土山しげる/リイド社)よりもう一品は「胡椒飯」。同じく風邪気味の同僚を見舞った際に作ったもの。
和食のイメージが薄い胡椒ですが、作中の解説によると、室町時代には輸入されていたようで、江戸時代には薬味として普通に使われていたよう。

冷や飯胡椒飯の作り方:
鍋に冷や飯を入れ、かつおでとった出汁をそそぎひと煮立ちさせ、醤油で味付けをする。

胡椒黒胡椒を挽きながらたっぷり入れる。

きざみ昆布 こんぶを入れる
きざみ昆布を散らして完成。

大根おろしを薬味にそえていただきます。
「ブシメシ!」の胡椒飯

「ブシメシ!」の胡椒飯
食べた感想:
いわばシンプルな味付けの雑炊ですが、かつお出汁にぴりっと効いた胡椒って、創作料理のようなモダンな組み合わせにも感じる。「一周まわって新しい」的な。
冷たい大根おろしと一緒に食べると体が整っていくような気持ちに。江戸時代の人も文字通り「薬味」として、胡椒を日常に取り入れていたんだなー、と思うと興味深い。

鍋この話のオチで、叔父のわがままにも関わらず、伴四郎が終始ご機嫌だった理由が明かされるのですが、それは「道具市で新しく買った鉄鍋の使い勝手がまことによかった」から、というもの。

これは実際の伴四郎の日記にも書かれている描写だそうで、おニューの道具がうれしくて料理がはかどるなんて、完全に現代の料理男子に通じるものがありますよね。伴四郎を実写化するなら、谷原章介or速水もこみちあたりを希望(胡椒ファサー)。

※ほんとは作中のような鉄鍋で再現したかった…のですが、めぼしい鍋が見つからず、今回はストウブで作りました(個人的な「テンションが上がる鍋」ってことで)。



解説を書かれている青木直己さんの著書も面白そうなので、いずれ読んでみよう(Amazonでは品切れ、中古も高騰してるようです…)。

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「その女、ジルバ」(有間しのぶ)の“ちーぶらげ”とガーリックライス

「その女、ジルバ」のちーぶらげ

2016年最初の漫画飯。今年もよろしくお願いいたします。
昨年作ったものですが、これが簡単でおいしすぎて、もはやわが家で定番おかず化しつつあります。
有間しのぶ先生の「その女、ジルバ」に登場する“ちーぶらげ”。

「その女、ジルバ」は、熟女ホステスしかいない高齢バー「OLD JACK&ROSE」を舞台にした物語。
主人公の40歳独身OLの新(あらた)は、恋人に去られ、会社では「姥捨て山」とささやかれる部署にまわされ、「人生の残高がずっとマイナスのまま」と感じる日々。そんな彼女が、ひょんなことからこの店で、最年少ホステスのアララ(源氏名)としてダブルワークをすることに。

戦後の混乱期を生き抜いてきた個性派ぞろいの高齢ホステスのなかでは、40歳のアララは完全にひよっこの「ギャル」扱い。
いつもビクビクして臆病だった彼女が、元気な「オババ」たちのポジティブさ、そして店の亡きママ・ブラジル日系移民の「ジルバ」の波乱の生涯に触れる中で、新しい自分を発見していきます。

「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より有間しのぶ作品といえば、おいしそうな食のシーンも定番。特にお店で出される料理は、「そりゃ通いたくなるわ…」と頷いてしまうほど、魅惑的なメニューばかり。

3巻に出てくる“ちーぶらげ”の正式名は「チーズと明太子しこんでカリッと焼いた油揚げのネギ塩ソース添え」。
※【コマ引用】「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より

なにげに料理上手なアララが、ひそかな想い人である白浜が来店した際、軽いおつまみとして出した一品。40歳にして恋心が芽生えた相手に出すのが、この一切気取りのない料理。素直で真面目なアララの性格が表れています。

チーズと明太子 詰める
作り方:(※作中に詳しいレシピはないので想像です)
ほぐした明太子とシュレッドチーズを混ぜ合わせます。
これを油揚げのなかに詰めていきます。シュレッドチーズはたっぷり入れたほうが美味しいです。油揚げ1枚につき一掴み強ほど。

とじる 焼き上がり
油揚げの具を詰めた口を爪楊枝などで留め、中のチーズが溶けるまで、オーブントースターで5~8分ほど、様子を見ながら焼きます。
ネギ塩ソースみじん切りしたネギ、ごま油、塩を混ぜてネギ塩ソースを作ります。


油揚げを食べやすく等分し、ネギ塩ソースと大根おろしを添えて完成。
「その女、ジルバ」チーズと明太子でしこんでカリッと焼いた油揚げのネギ塩ソース添え

リフティング
食べた感想:
外側の油揚げはサクサク、明太子がぴりっと効いた中のチーズはとろとろ。ネギ塩や大根おろしで味の変化も楽しめて、おつまみどころか、これひとつでメインのおかずとしてやっていけるほど満足度高いです。
明太子のほかに、チーズ×納豆も美味しかったな。しらすとか大葉とか、そのときあるものでアレンジを楽しめそう。

「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より店でも大好評を博したこの料理ですが、アララの料理無双はとどまらず、
あたし作りながら思ったんです。ガーリックライスにも合うなあ…って。
この提案に店内は再度どよめき、全員ニンニクと油でてかてかに光る一体感が生まれることに……。
※【コマ引用】「その女、ジルバ」(有間しのぶ/小学館)3巻より

白いご飯も合うけれど、確かにガーリックライスにあわせてもおいしそう。


にんにくとバター ご飯としょうゆ
というわけで作ってみます。
みじん切りしたニンニクはサラダ油を入れたフライパンでじっくり炒め、キツネ色になったらバターを投入。ご飯を入れて手早くいため、醤油を鍋肌から回して香りをつけ、塩コショウ、パセリで仕上げて完成。

「その女、ジルバ」のガーリックライス

「その女、ジルバ」のちーぶらげとガーリックライス
ニンニクがガツンときいたガーリックライスといえばステーキが定番だけれど、“ちーぶらげ”との相性もなかなかでした。
(食べ終わると、確かに顔がテカテカに…)

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top