Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波)の炊飯器で作る牛すじカレー

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)の炊飯器で作る牛筋カレー

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻よりこの夏、何度も作ったカレーを、師走の今ようやくご紹介。
「ホクサイと飯さえあれば」に登場する、炊飯器で作る牛すじカレー。
※【コマ引用】「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より

主人公・ブンちゃんの美大生時代を描く本作には、前作「ホクサイと飯」にも増して個性的なキャラが出てきます。そのひとりが、(よそいきモードの)ブンちゃんにひと目ぼれする新米教師・柑田川。

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より熱血教師にあこがれるも生徒の指導に空回りする日々。初対面の彼にそんな悩みを打ち明けられ、ブンが教えるのがこの牛すじカレー。
※【コマ引用】「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より

炊飯器に材料を入れてスイッチを押して家を出れば、くつくつと食材は煮込まれ、帰るころには美味しいカレーが完成している。
そう思うだけで、今日一日素敵な日でしょ?
この発想に、私もズキュンとやられました。なんて前向きな料理!

カレーの肉の好みは牛派、豚派、鶏派と分かれますが、個人的には断然「牛すじ」です。自分で作るときは、圧力鍋のお世話になることが多いけど、炊飯器で作るとどんな風になるのかも、期待大。


牛筋をゆでこぼす作り方:
牛すじ肉はひと口大に切り、たっぷりのお湯で茹でこぼして脂を落とす(気になる人は2回やってもいいかと)。

炊飯器 炊飯器2
炊飯器にみじん切りした玉ねぎ、にんにく、しょうが、ひと口大に切ったかぼちゃを順に入れる。
続けてコンソメキューブ、塩コショウ、牛すじ肉、トマト缶、カレーパウダーを順に入れて炊飯スイッチを押す。

炊飯器3あとは炊飯終了後に5~6時間保温すれば完成。
ただうちの炊飯器の場合、上記の方法だとカレー粉と具材がちゃんと混ざらなかった……。炊飯モード終了後に一度フタをあけてかき混ぜる→保温モード、としたらうまくいきました。

完成保温後がこちら。
※ご飯は先に炊いておこう!

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)の炊飯器で作る牛筋カレー
食べた感想:
トマトの酸味と、かぼちゃの甘み、そしてトロトロの状態になった牛すじ肉がめちゃくちゃいい!
ルーを使わないカレーを美味しく仕上げるのって初心者には難しいですが、これは保温でじっくり調理したおかげで、スロークッカーで煮込んだような完成された味わい(2日目はもっと美味しかった)。

憂鬱な日も、ちょっとした仕込みをするだけで、絶品カレーが待っている「素敵な日」に一変する。
ラクだとか合理的だとかを超えて、自分へのサプライズになる料理ってとっても貴重。自炊をしていると、「帰ったら料理が待っている」喜びってなかなか味わえないですもんね。というわけで、ハマって夏の間に何度も作りました。

ひとつ困ったのは、このあと炊飯器でご飯をたくと、数日間は蒸気口からカレー臭が充満してしまう点。あくまでも匂いだけですが、気になる人はご注意を^^;

ホクサイと飯さえあれば(1) (ヤングマガジンコミックス)
ホクサイと飯さえあれば(1) (ヤングマガジンコミックス)

ホクサイと飯さえあれば(2) (ヤングマガジンコミックス)
ホクサイと飯さえあれば(2) (ヤングマガジンコミックス)

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「サウダーデ」(池辺葵)のブルーベリーシロップのラッシーとカフェラテ

_1190252_convert_20150913170759.jpg

池辺葵先生の「繕い裁つ人」を最終巻まで一気読みしたらじーんときてしまい、もうちょっとこの世界観に浸っていたくなって、次に手に取ったのが「サウダーデ」。
それぞれの舞台は同じ町、主人公の市江と佳乃は元同級生という設定なので、作品を見比べながら読むのも楽しい。

「繕い裁つ人」では町の仕立て屋で職人気質の市江が、「変わること」と「変わらないこと」、ふたつの価値観の間で揺れ続ける姿が描かれました。
対して喫茶店のオーナーである「サウダーデ」の芳乃は「待ち続ける人」。いつ帰ってくるかわからない大切な人のために、「故郷」となる場所を守る主人公です。

といっても芳乃は頑固一徹の市江と違い、一見ちゃらんぽらんで自由気まま。
客がいなければテレビに夢中だし、必要以上の愛想もサービスもふりまかない。その態度に「感じ悪い」と怒る客も後を絶ちませんが、読み進めていくと、彼女の印象が変わっていきます。

「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻よりその一端が、ブルーベリーラテのエピソード。
ある日やってきた情報誌の広告営業の女性。張りついたような営業スマイルが特徴の彼女は、「カフェラテにブルーベリーソースをつけてほしい」と注文しますが、芳乃はあっさり「できない」と断ります。
店にブルーベリーのシロップがあるんだから、それくらい対応してくれもいいじゃない……。
店員のタツエも女性も納得がいかない顔になりますが、ちゃんと理由がありました。

コーヒーの苦みとブルーベリーの酸味は、けっして相性がいいものではない。
芳乃はそれがわかっているから、たとえ客の要望であっても受け入れません。市江と同じく彼女もまた、頑固な美学をもった「プロ」なのです。
※【コマ引用】「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より


「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より「万能」と言われるだけあって、ブルーベリーシロップはほかのエピソードにも登場します。
店の常連で、いつもラッシーを頼むメガネ男子(あとで「沢田」という名前と判明)。彼が芳乃にお礼として渡したブルーベリーシロップ、それにバニラアイスを加えて作る、スペシャルなブルーベリーラッシー。
シェイク風になるのか、ストローで飲み切るときの「コオッ コオッ」という擬音まで、やけに美味しそうに見える魅惑のメニューです。
※【コマ引用】「サウダーデ」(池辺葵/講談社)1巻より

ブルーベリー作り方:
ちょうど生のブルーベリーが旬で安かったので、シロップを作って両方再現してみます。
冷凍じゃない、生のベリーってなかなかお目にかかる機会がないからテンション上がる(´ρ`≡´ρ`)

氷砂糖熱消毒した容器に、生ブルーベリーと氷砂糖を交互に重ねていく。
腐敗防止にお酢もちょっとだけ入れる。

漬ける 煮詰めた
ときどき容器をゆすりながら、1週間待てば氷砂糖が溶けてルビー色の美しいシロップに。
……と言いたいところですが、底の方に氷砂糖が残ってしまったので、火にかけて軽く煮詰めてみる(梅シロップと同じで、冷凍のブルーベリーのほうがうまく漬かるのかなー)。

煮詰めると透明感は失われるけど、より濃厚なシロップになりました。
香りがものすごくいいです。ロッテにブルーベリーガムって商品がありますが、あの香料そのまま(なんて貧弱な表現…)。天然でもこんなに鮮烈な香りがするのですね。
シロップ完成
材料 ラッシー作り方
ラッシーを作ります。
材料はブルーベリーシロップ(果実もそのまま投入)、無糖ヨーグルト、バニラアイスクリーム、牛乳。ミキサーでガーッと撹拌して完成。

ラテ作り方ラテの泡は電動ミルクフォーマーがなくても、耐熱容器に牛乳を入れてレンジにかければそれっぽいのが出来た。


まずはブルーベリーのスペシャルラッシー。
ブルーベリーシロップのラッシーとカフェラテ
インド料理店のさっぱりしたラッシーと違って、バニラアイスが入るとリッチなデザートみたいな感じになるんですね。アイスを多めにするとヨーグルト風のシェイクに。ブルーベリーの果肉も存在感あって、これは美味。

ブルーベリーシロップのカフェラテ
次にカフェラテ。白いふわふわの泡にベリーが浮いているビジュアルは、オトメ心くすぐる。
作中に出てきた女性は雑誌で見てあこがれていたこのメニューを、念願かなって別のカフェで注文しますが、「見かけだおし」と気づきます。
ただ実際飲んでみると、思ったよりも悪いもんじゃないな、という印象。ミルクの泡が緩衝剤になって、ベリーの甘酸っぱさとコーヒーの苦さを中和してくれてるから?(でもまあ、キャラメルラテとどっちか選べ、と言われたら、キャラメルを選ぶかな…)

残ったブルーベリーソースは、ヨーグルトに入れたりクリームチーズと一緒に食べたりしてるうちに、そろそろなくなる勢い。
来年のブルーベリーの季節が、また楽しみになりそうだ。

サウダーデ(1) (KCデラックス Kiss)
池辺 葵
4063760863

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のタイカレー、牛肉とズッキーニの炒めもの ほか

P1140310.jpg

暑い日は俄然高まるカレー欲(五七五)。
6月に「何食べ」最新刊(10巻)が出ますが、おそらくそこに収録されるであろうメニューです。(単行本待ちの方はすっとばしてくださいまし)

週刊モーニング 2014年30号より・タイカレー(グリーンカレー)
・牛肉とズッキーニの炒めもの
・えびと春雨のサラダ

※【コマ引用】週刊モーニング 2014年30号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より

大先生に届いたお中元のそうめんをおすそ分けしてもらったシロさん。さすがに3キロも食べきれない……ということで、「シェア友達」の佳代子さんにさらにおすそ分けすることに。久々に訪れる佳代子さんの家で供されたのがこの献立です。

シロさんが作るカレーは5巻(夏野菜カレー)に登場しましたが、今回は趣向が変わりエスニックですね。

koma2_20150509222452fdd.jpgタイカレー(グリーンカレー):(※分量は作品本編をご確認ください)
グリーンカレーは市販のペーストを使いますが、メーカーによって味の差もあるだろうし、どうせなら作中と同じものを使いたい。ということで、コマに描かれているパッケージをチェックしてみる。
※【コマ引用】週刊モーニング 2014年30号「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より

_1140212_250.jpg厳密なる調査(?)の結果、グリーンカレーペーストは「MAE PLOY(メープロイ)」、ココナッツミルクは「Kara」というメーカーのものと判明。
(メープロイのペーストはカルディでもよく見かけます)
ココナッツミルク缶は中身が分離した状態を調理に使うので、決して缶を振らないこと!

_1140208_250.jpgナスは大きめの乱切り(塩水でアク抜きしておく)、水煮たけのこは薄いそぎ切り、赤ピーマン・黄ピーマンは種をとって細切り、さやいんげんはスジをとって3等分にする。シメジはバラバラにほぐしておく。

_1140221_250.jpg _1140224_250.jpg
鍋にサラダ油とグリーンカレーペーストを入れて弱火で1分ほど炒める。
今回は8人分なので、家で一番大きな鍋を使います(夏野菜カレーの時もそうだったけど、「何食べ」のカレーは野菜どっさりなので、鍋はなるべく大きいものがおすすめです)。

_1140225_250.jpg _1140228_250.jpg
ココナッツミルク缶を開け、上の方の濃い部分をすくって鍋に入れ(缶の半分ほど)、中火にしてよく混ぜる。
普通はクリーム状の部分が下に沈殿してるイメージだけど、逆なんですね。不思議。

_1140229_250.jpg _1140231_250.jpg
ココナッツミルクの油分が分離してきたら、ひと口大に切っておいた鶏もも肉とタケノコ、インゲンを加える。肉の色が変わったらナンプラー、砂糖を入れる。

_1140237_250.jpg _1140240_250.jpg
ココナッツミルク缶に残った濃い部分をすくい入れ、さらに残りの野菜(ナス、しめじ、赤・黄ピーマン)を投入。10分ほど煮たら完成。

えびと春雨のサラダ、牛肉とズッキーニの炒めものも並べて、いただきます。
_1140293.jpg

一見ふつうの食卓に見えますが、よく考えるとエスニックは好き嫌いの激しく分かれるジャンルです。
女子会ならいざしらず、親子三世代(+部外者の美中年)に受け入れられ、さらにパーリー感もあるこの献立の構成、相当難易度高いですよ。さすが佳代子さんや……。

_1140286.jpg
色とりどりの野菜がゴロゴロ入っていて、目にも楽しい。ココナッツミルクの甘さと、後からくる辛さがクセになる。専門店にもひけをとらない本格的なおいしさです。

グリーンカレーを初めて作った時もビックリしたけど、フツーのカレーよりも断然ラクですよね。味をねかせる工程がないから、時間もかからないし。そして佳代子さんの旦那さんのように、エスニックが苦手な人でも「グリーンカレーは好き」って人は多い。日本の食卓にいつのまにかじわじわ普及してるのも納得。

あとの2品はこちら。
_1140253.jpg

_1140245_250.jpg牛肉とズッキーニの炒めもの:
牛肉の切り落としにしょうゆ、酒をもみこんで片栗粉をまぶす。
サラダ油で長ネギとしょうがのみじん切りを炒め、牛肉を入れて肉の色が変わったら輪切りにしたズッキーニを入れ、オイスターソース、しょうゆ、コショウで味をととのえ、ごま油をたらして完成。

ズッキーニを中華風の炒めものに使う発想が今までありませんでしたが、これおいしいです! ご飯にもビールにも合います。簡単だし、夏の定番おかずになりそう。


_1140247.jpg
えびと春雨のサラダ:
お次は佳代子さんが事前に作っていたヤムウンセン風サラダ。

_1140197_250.jpg _1140201_250.jpg
春雨は熱湯でゆでて水でしめ、ざく切りにしておく。玉ねぎは薄切りにして水にさらし、にんじんは千切りに。エビと豚ひき肉は同じ鍋で一緒にゆでておく。

 _1140202_250.jpgボウルに↑の具材と鷹の爪のみじん切り、ナンプラー、砂糖、レモン汁を加え、しっかり和える。サニーレタスの上にのせ、万能ねぎのざく切りを散らして完成。

調味料をしっかり効かせると、本格的なタイ料理風の味に。嫌いじゃないなら、万能ねぎをパクチーに代えてもいいかも。


_1140330.jpgシメはちょっと早めのスイカ。
カレーの後の最強のデザートはやはりこれじゃなかろうか。
佳代子さんとシロさんの友情も、スーパーの前でスイカをシェアしたことがきっかけでしたね。

_1140332.jpg8人分を2人ではさすがに食べきれず……。小分けにして冷凍したら、お弁当に大変便利でした(スープジャーに温めたカレーを詰めて、ご飯にかけるだけ)。


4063883663きのう何食べた?(9) (モーニング KC)
よしなが ふみ
講談社 2014-08-22

by G-Tools

B000IM6UHCユウキ グリーン・カレーペースト 50g
ユウキ食品

by G-Tools

B0099ARHQMカラ ココナッツミルク
カラ

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top