Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「颯爽な家政婦さん」(小池田マヤ)ライ麦のスコーン&カリフラワーとプチトマトのモンドールグラタン

「颯爽な家政婦さん」のライ麦のスコーンとモンドールチーズのグラタン

「颯爽な家政婦さん」(小池田マヤ/双葉社)よりモンドールチーズが出回っているうちに紹介したいと思っていたのだけど、間に合うかな、どうかな。

前回クスクスを再現した、小池田マヤ先生の家政婦さんシリーズ最新作「颯爽な家政婦さん」から、別のメニューを再現。
ライ麦のスコーンとモンドールチーズのグラタンです。
※【コマ引用】「颯爽な家政婦さん」(小池田マヤ/双葉社)より

「颯爽な家政婦さん」は2つの中編で構成されていますが、この料理が登場するのは前半の「お玉杓子定規」のエピソード。

優秀な家政婦から玉の輿にのった伝説の「Sランクの沖さん」。その娘、多賀恵は母にあこがれて同じ家政婦の道を歩むが、杓子定規な性格が災いして、派遣先を何度もクビになっている。

そんな彼女の研修講師として呼ばれた、Sランク家政婦・里。当初は里の破天荒なやり方に反発しつつ、多賀恵は次第に家政のサービスとは何かを学んでいく。

実際、これまでの家政婦さんシリーズのなかでも、里のプロフェッショナルぶりが鮮やかに描かれていて、お仕事漫画としての面白さも抜群のエピソードです(ワインボトルの洗い方とか、さっそくマネしてる)。

ラストでは、里と多賀恵のプライベートでの意外な接点が明らかになり、2人は女友だちとしてささやかな飲み会を開きます。そこで登場するのがこのメニュー。
モンドールチーズはフランスでも8月中旬から3月中旬の間でしか生産されないらしく、チーズファンはこの季節を楽しみにしているんだとか。


モンドールチーズ
こちらがモンドールチーズ。近所のワインショップで、ちょっと値引きされて3000円くらいでした。
しゃれおつな食材を前にすると、「おフランスからこんな極東の片田舎にわざわざおいでなすって……(もみ手)」とへりくだった気持ちになる私。

モンドールチーズ(食べかけ)
いきなりグラタンに取りかかるわけじゃありません。まずは第一フェーズ。
チーズの上部の皮をくりぬいて、パンや野菜をなかのトロトロのチーズにディップして心ゆくまでもしゃもしゃ。ウォッシュタイプなのでわりとクセはありますが、カマンベールのにおいが大丈夫な人ならハマるはず。

モンドールチーズに白ワイン モンドールチーズに白ワイン2
次の日に第二フェーズ。
残ったチーズに白ワインとみじん切りしたニンニクを加え、木箱ごとアルミホイルに包んでオーブンへ。

モンドールチーズに白ワイン3
即席チーズフォンデュにトランスフォーム。これで再びパンや野菜をディップしていただきます。ワインと一緒にいつまでも食べられるけど、第三フェーズ用にある程度は残しておかなければ。

モンドールの残りにカリフラワーとペンネ モンドールの残りにプチトマトとパン粉
カリフラワーとプチトマトのモンドールグラタン:
ようやく真打。最後はグラタンで〆ます。
残ったチーズにカリフラワーとプチトマト、茹でたマカロニをからめ、生クリームをそそぐ。パン粉と黒コショウをたっぷりふって、250度のオーブンでこんがり焼いて完成。

モンドールチーズのグラタン

材料ライ麦のスコーン:
これにあわせるのは、ライ麦のスコーン。
巻末にクロワッサンスコーンのレシピが掲載されていますが、今回はそれをもとに、作中で描かれているのにあわせて丸いスコーンを作ります。

フードプロセッサー バターをフードプロセッサーに
フードプロセッサーに薄力粉、粗挽きライ麦粉、全粒粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて10秒まわす。ここに5ミリ角に切った無塩バターを分量の半分入れ、40秒まわす。

バター残り半分 生地をラップにくるみ寝かせる
ボウルにうつして残りの無塩バターを加え、手ですりあわせながらバターをつぶす。ここに牛乳を少しずつ加え、生地をまとめる。まとめた生地はラップにくるんで冷蔵庫で30分ねかせる。

スコーンの型を抜く スコーンを焼く
スコーンの生地は5ミリほどの厚さにのばし、型で丸くくりぬく。200度のオーブンで15~20分焼いて完成。

「颯爽な家政婦さん」のライ麦のスコーン
珍しくスコーンがそこそこうまく割れた。うれしい。
里いわく「スコーンは焼きたて20分が一番うまい」ので、機を逃さずいただきます。

「颯爽な家政婦さん」のモンドールチーズのグラタン
もうひとつの主役、モンドールグラタンも並べる。

「颯爽な家政婦さん」のモンドールチーズのグラタン
食べた感想:
3連続で食べてすっかりトリコになったモンドールチーズ。生クリームとあわせたソースが野菜にからんで、大人のおつまみグラタンとして最後の最後まで絶品でした。しょっぱいチーズ味に、香ばしいライ麦&全粒粉のスコーンがまた合う。

クロテッドクリーム
しょっぱい組み合わせもいいけど、スコーンといえばやっぱりクロテッドクリームも外せない。スコーンの掟・その2は「カロリーを気にしない」、なのでたっぷりつける。鬼のように合う……。

食べつくしました
モンドール、完食。
買うときは「3000円か~」と二の足を踏んだのですが、これだけ楽しめるなら、確かにお値段に納得かも。

「颯爽な家政婦さん」のライ麦粉のクロワッサンスコーン
ちなみに巻末にレシピの載っていた、クロワッサンタイプのライ麦スコーンはこんな感じになりました(ちょっと厚すぎた。ぶかっこう…)。

グラニュー糖をかける 折りたたむ
短冊形に切ったスコーン生地の表面にグラニュー糖をまぶし、二枚を重ねて折りたたんで焼いたもの。食べごたえたっぷりで、こちらもおすすめ。

このエピソード、ほかにもいろいろなスコーンが登場するので、スコーン好きには特におすすめです



スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のおうち焼き肉

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のおうち焼き肉

「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)10巻よりリコッタチーズのパンケーキパーティを再現したときに購入したホットプレートで、10巻に出てくる「おうち焼き肉」を作ってみました。順番的には、このエピソードでホットプレートのよさに目覚めたシロさんが、自宅用にも購入する……という流れ。
※【コマ引用】「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)10巻より

肺がんの初期手術で入院していたシロさんの母親が無事退院。
実家でお祝いに作ったのは、お寿司のようなあっさりメニューではなく、なんと焼き肉(といっても、ホットプレートで焼くので実際は「鉄板焼き」に近いかも)。
業者のお弁当や作り置きのおかずなど「レンジでチン」な食生活だった父親も、病院のあっさりした食事に飽きていた母親も、心の底から食べたかったのはこのこってり料理、というのは、リアルで共感できますね。


大根をすりおろす作り方:
今回のたれは、大根おろし&ポン酢でさっぱり。大根をがしがしすりおろします。


いい肉母親の退院祝いを兼ねているので、お肉は少量でいいので、ちょっといい和牛を(シロさんが買っていたのは岩手の黒毛和牛)。

もみこむ市販の焼き肉のたれを肉にもみこんでおく。下準備はこれだけなので、簡単ですね。


野菜を切る なすを切る
すき焼きのときと同様、今回の焼き肉もお肉少な目、野菜たっぷりのバランスのよう。
もやし、キャベツ(ざく切り)、ピーマン(縦半分)、にんじん(斜め切り)、玉ねぎ(繊維に逆らってくし切り)、ナス(斜め切り)、じゃがいも(薄切り)、かぼちゃ(薄いくし切り)と種類も豊富。

野菜盛り 野菜盛り2
並べると、こんなにてんこ盛り! ザルからこぼれそう…。

具材を並べたら、ホットプレートに電気を入れて、温まったらサラダ油を敷く。
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のおうち焼き肉

ふつうの焼き肉と違って、おいしく仕上げる順番もあるようです。
まずはじゃがいも、にんじん、かぼちゃを並べて、油をプレート全体にいきわたらせる。
野菜を焼く

フタをしてしばらく焼いたら、ナスとピーマン、お肉を投入。
肉も野菜も焼く

もやしとキャベツ、(玉ねぎもこのタイミングかな?)を乗せたら、再びフタをして蒸し焼きに。
野菜を乗せる

上の野菜がしんなりしたら完成!
蒸し焼き

大根おろし+ポン酢で。
大根おろしで
食べた感想:
油のなじんだ野菜とやわらかお肉を、あっさりおろしポン酢で食べる幸せ。
今まで知っていた鉄板焼きは、焼き肉と同様にめいめいが好きなタイミングで焼いて食べるスタイルだったんですが、このジンギスカンのような「蒸し焼き」スタイルだと、お肉のうまみが野菜にうつって、さらに野菜の甘みも引き出されて、何倍もおいしい気がする。

ご飯と一緒
白飯にのせたら、一瞬天国が見えました。
上でも書いたけど、牛肉は少量でいいので、その分「ちょっといいもの」を使うのがポイントかも。
手間がかからないので、普段は豚や鶏肉でアレンジすれば、安くて便利なおかずになりそう。

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のフライパンで作るすき焼き、〆の卵どんぶり

「きのう何食べた?」(よしながふみ)のすき焼き
週刊「Dモーニング」2016年12月24日発売号より「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)「きのう何食べた?」11巻の巻末予告ページで、次巻に登場するメニューとして描かれた「すき焼き」。
シロさんちのすき焼き、どんなものなのか激しく気になる……! と首を長くして待っておりました。クリスマスイブに発売された「週刊モーニング」に掲載されたので、早速再現。
(※ネタバレを避けたい単行本待ちの方は、すっ飛ばしていただければm_ _m)
※【コマ引用】週刊「Dモーニング」2016年12月24日発売号より「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より

「何食べ」は「週刊モーニング」月イチ連載ですが、毎年12月の掲載分はクリスマスor年末年始をテーマにした献立になるので、「今年は何かなー」といつもに増して楽しみなのです。昨年は歳末のお手軽モツ鍋、その前の年はおせち&ぜんざいでした。
いい肉そして2015年はすき焼きです。
作中で使われていたのは、デパ地下の和牛……というわけで、いいお肉を仕入れなければ。お財布が痛むことを覚悟して近所の精肉店へ。
しかしさすがパーリーシーズン、そこそこいい値段のすき焼き肉は完売していて、ショーケースに残っていたのは最高ランクの山形牛のみ。定価よりお安くなっているとはいえ、予算オーバーです。
しばらく苦渋の表情をしていたら、店のお姉さんが「……味は保障します」と力強いひと声をくれたので、ようやく決心がつきました。280gほど購入。キエーー(清水の舞台から飛んだ音)。


割り下作り方:(※詳しい分量は作品をご確認ください)
まずは割り下の準備から。
容器に水、5cm角に切っただし昆布、酒、しょうゆ、砂糖を入れて混ぜておきます。
私は関西出身者で割り下にあまり馴染みがなく、市販品を買うことが多かったんですが、意外と簡単に作れちゃうものなんですね。

しらたきしらたきは熱湯でさっと茹で、水気を切ってから「井」の字に包丁を入れてカットしておく。

野菜盛りそのほかの材料としては、焼き豆腐(8等分)、春菊(3~4cm長さに)、生しいたけ(軸ごと縦半分に)。

ねぎそして今回の隠れた主役は、なんといってもネギ。たっぷり2本分、斜め切りにします。
ケンジにネギモリモリをリクエストされたシロさんの
えー2本も!!」→「しかし俺もねぎは超好きだ!」の流れが妙にツボです。

今回のポイントその2は、すき焼き鍋のかわりにフライパンで作るところ。確かに2人分なら頻繁に具材を足したりしないし、これで充分かも。
牛脂 しらたき、焼き豆腐、しいたけ
熱したフライパンに牛脂を入れて溶かし、一度火を止めて、しらたきとしいたけ、焼き豆腐をフライパンに並べます。
しらたきに含まれる石灰が肉を硬くしてしまうため、しらたきは肉からなるべく遠くになるように配置。今回は焼き豆腐で「壁」を作って、しらたきの進撃を阻む陣形を組んでみました。
割り下をそそぐ 煮る
割り下を全部注ぎ、再度火にかけます(鍋が小さいことに気付いたので、ここで大きなフライパンに移し替えました)。
割り下が沸いたら、肉とネギと春菊を同じタイミングで鍋に並べます。
ちなみにネギはクタクタになったほうがお好みなら、最初の段階で入れたほうがよさそうです。
煮る2
蓋フタをして数分煮込みます。

肉が煮えたら完成。
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のすき焼き
ご飯と生卵
テーブルに白いご飯と生卵をセッティングして……
白菜の漬物
シロさんの実家で、すき焼きと必ずセットで出てきたという白菜の漬物も(市販品でOKのようですが、今回はたまたま家で漬けてたもの)。甘辛味に飽きたとき、しょっぱすっぱい味が箸休めとしてぴったりです。
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のすき焼き
家すき焼きって、この時以来かもしれない……。いくつになってもテンション上がりますね。
溶き卵に長ネギと肉をたっぷり絡ませていただきます。
溶き卵
食べた感想:
うまい、うますぎる。と十万石まんじゅうのCMみたいな感想しか出てきません。シロさんの「甘いと旨いは同じ語源」という豆知識のとおり、肉を甘くして食べる、というよく考えると不思議な食べ方がなぜこんなに美味なのか。文明開化してくれてマジ感謝、日本。
泉昌之の名作「かっこいいスキヤキ」に代表されるように、かつてのすき焼きという食べ物の背景には「牛肉への憧憬」がありました。すき焼きが登場すれば、肉をめぐる一触即発のバトルが始まる……という展開は、マンガ飯でも定番のシーン。
しかし肉に餓えていた若者も、中年になるとほどほどで満足するもの。そしてその周辺の、味がしみた具材に箸が進むという。
今回のいい肉を少なめに、野菜&豆腐たっぷりという構成は、まさに大人のためのすき焼き。
さて、宴はこれだけで終わりません。
ケンジがシロさんに教える、すき焼きの煮汁を使った〆の一品が待っています。
卵投入 卵が半熟
残った煮汁を半分くらい取り分けて火にかけ、ここにあらたに溶き卵を加え、フライパンをゆすりながら半熟状に火を通します。
これを軽くよそったご飯の上にのせれば、〆の卵どんぶりの完成。
〆の卵どんぶり
週刊「Dモーニング」2016年12月24日発売号より「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)ふわふわの卵に、肉の風味が染みこんだ甘辛のたれが絡んで、なんともいえない美味しさ。
〆もいいけれど、翌朝の朝食にもぴったりでした。
※【コマ引用】週刊「Dモーニング」2016年12月24日発売号より「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)より

兄弟も多く、裕福ではなかったケンジの実家ではすき焼きのシメに、この卵どんぶりが定番だったそう。
シロさんちの白菜の話といい、すき焼きを目の前にすると、なぜか人は自分の家のことを語りたくなりますよね。
大人になって高級店で仲居さんにいい肉を焼いてもらえる身分になっても、幼い頃のすき焼きの記憶は上書きされない。すき焼きは永遠に「ハレの日の家庭料理」の代表なんだろうな。


本年の更新はこれで最後になります。
ブログのやめられないところは、どんなに個人的な趣味全開で突っ走っても、「私もこれ気になってました!」と同調してくださる方がいる点で、それを励みに今年も続けられました。
作りっぱなしで記事にできていない料理がまだまだあるのが心残りですが、来年もなるべくコンスタントに更新できればと思います。皆様も、どうぞよいお年をお過ごしください。

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top