Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう)のバレンタインチョコ団子

「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう)のバレンタインチョコ団子

「休載したワンピースの代原」として読み切り掲載され、伝説的デビューを果たした「磯部磯兵衛物語」。

うすた京介先生の「ピューと吹く!ジャガー」が終了してから、長らく空席となっていた少年ジャンプの「巻末ページ」。毎週この巻末を真っ先に読むほど楽しみにしていた自分は、心にぽかりと穴があいたような気持ちだったのですが、この漫画が彗星のごとく現れてから、満たされております。

いまや少年ジャンプといえばお子様だけではなく、「ジャンプ離れ」できないミドルエイジや、婦女子にも多数の愛読者を抱える雑誌。
そんな国民的マンガ誌としてのジャンプも偉大だけど、ぶっちゃけいえば「きれいな漫画」が増えて、黄金期のような漢度&アホ度が薄くなったように思う。そろそろ取り戻すべきではないだろうか。読者の主権を、小学生男子たちの手に。

と、余計なお世話なことをぼんやり感じていた自分には、「磯兵衛」は「友情・勝利・努力」だけではないジャンプの精神を体現している作品のひとつに思えるのです。

「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう/集英社)2巻よりそんな愛する「磯兵衛」から、バレンタインスイーツを再現してみます。
※【コマ引用】「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう/集英社)2巻より

磯兵衛がひそかに思いを寄せる団子屋の看板娘が、ある日顔を赤らめながら差し出したのはチョコ団子。

「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう/集英社)2巻より思わぬ事態に、「優越感」という名のオーラをまとって発光し始める磯兵衛。このむかつく表情、最高だ。→
※【コマ引用】「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう/集英社)2巻より

さらっと登場するチョコ団子ですが、「そういえば意外と食べたことなかったかも」という組み合わせ。

材料材料:
団子には上新粉、チョコレートソースには板チョコを使います。
上新粉は蒸したりついたりと面倒なので、団子用の粉があればそっちほうがラクかも。

上新粉0 上新粉
作り方:
ボウルに上新粉、砂糖を入れ、ぬるま湯を少しずつ加え、耳たぶくらいの固さになるまでよくこねる。

上新粉2バレンタインらしく、ピンクの食紅で色をつけたものも作ってみたけど、着色が足りなかったようで、蒸したらプレーンとほとんど変わらなかった……。

蒸す つく
こねた上新粉を5~6等分し、ふきんをのせた蒸し器で25分ほど蒸す。熱いうちにすり鉢にうつし、すりこ木などでついてねばりを出す。

団子を小さく丸めて串に刺す。
団子

チョコレートと豆乳チョコレートソースは、板チョコと豆乳で作ります。
(牛乳や生クリームで作るのが一般的ですが、たまたま家に豆乳しかなかった&和風っぽい印象になるので)

板チョコは細かく刻んでボウルに入れ、熱した豆乳を少しずつ加えて泡だて器で溶かしながら混ぜる。


串団子にチョコレートソースをかけて完成。
「磯部磯兵衛物語」のバレンタインチョコ団子

「磯部磯兵衛物語」(仲間りょう)のバレンタインチョコ団子
食べた感想:
甘さ控えめの団子に、濃厚なチョコレートソース。意外と見かけない和と洋の組み合わせですが、違和感はぜんぜんなく、むしろなぜあんまり普及しないんだろう、というくらいごく自然に受け入れられる味でした。
ナッツやクランチ、ドライフルーツなんかをトッピングしたら、おされなスイーツになりそう。

動画版のレシピはこちら(※音が出るのでご注意ください)。



▼そのほかのバレンタイン向け漫画飯
「きのう何食べた?」(よしながふみ)のブラウニー
「すみれファンファーレ」(松島直子)バレンタインの簡単トリュフ風チョコ
「さんさん録」(こうの史代)のチョコレートケーキ
「その男、甘党につき」(えすとえむ)のヌテラのクレープ
「リトル・フォレスト」(五十嵐大介)の“ぬてら”

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「その男、甘党につき」(えすとえむ)のヌテラのクレープ

「その男、甘党につき」(えすとえむ)のヌテラのクレープ

チョコレートに魅せられた男、ジャン=ルイを主人公にした短編集。
本業はやり手の弁護士、ショコラトリーでケーキ4つとショコラ13個を一人でたいらげるほどの甘党にもかかわらず、痩身を維持する美中年。パリを舞台に、彼とショコラとさまざまな男女が織りなす8つのエピソードがつむがれます。

ちなみにコミックの装丁も、高級ショコラのパッケージのように美しいのです。中のページもチョコレート色のインクで刷られているという徹底ぶり。最近は電子書籍を買う機会も増えましたが、凝った装丁の本はやっぱり手元に置いておきたくなってしまう。

「その男、甘党につき」(えすとえむ/太田出版)蠱惑的でありながら、稚気に富む。相反するショコラの魅力がよく表れているのが、「ヌテラのクレープ」のエピソード。
パリの街角で、迷子の少女・ユナと出会ったジャン=ルイ。幼いながらレディーの風格漂う彼女は女優志望で、砂糖たっぷりのショコラは母親から禁止されている。
※【コマ引用】「その男、甘党につき」(えすとえむ/太田出版)より

ルイは彼女を庶民的なカフェにエスコートしてクレープを注文し、これまた庶民が愛する「ヌテラ」をたっぷりと塗って食します。
そんなのチョコレート味の脂肪のかたまりじゃない
ユナは露骨に嫌悪感を表しますが、ルイは
その通り だって今日はマルディ・グラだ」と一言。

「マルディ・グラ」とは謝肉祭の最終日。明くる日からの長い断食に備え、人々が最後に食欲を爆発させる日。フランスではこのマルディ・グラにクレープを食べる習慣があるようです。
その意味をふまえると、ショコラを頑なに拒否していたユナが、ルイの誘惑に負けてスプーンたっぷりのヌテラをうっとりと口に含むのは当然の成り行きなのかもしれない。

ヌテラちなみにこちらがそのヌテラ(写真撮り忘れたので以前撮ったやつ)。日本でも輸入食品店や大き目のスーパーで売ってますね。

ヤマザキマリ先生の「ヌテッラのティラミス」でイタリア人のすさまじいヌテラ愛が紹介されてましたが、フランスも負けてないようで、街角のクレープ店ではだいたいトッピング用のヌテラの大瓶がドーーンと置かれてるようです。
(クレープ自体も日本と異なり、この話のようにシンプルな食べ方が主流みたいですね)

nutella crepe」で画像検索したら、ヌテラ版のミルクレープみたいなのも出てきたけど、さすがにカロリー的にドクターストップをかけたいレベルだった……。

さて少女が陥落した庶民的なヌテラのクレープ、どんな味なんでしょうか。

卵、小麦粉、砂糖 混ぜる
作り方:
辻調理師さんのサイトのレシピを参考にしています。
ボウルにふるった薄力粉、卵、砂糖を入れてなめらかになるまでよく混ぜる。

バター バター2
フライパンにバターを入れて熱し、キツネ色になるまで溶かす。これをボウルに加えてよく混ぜる。

牛乳 漉す
牛乳を少しずつ加えて混ぜ、なめらかな生地になるよう一度漉す。ラップをして一時間冷蔵庫で休ませる。

焼く 裏返す
溶かしバターを作ったフライパンをキッチンペーパーで軽くぬぐい、中弱火でクレープ生地を焼く。お玉1杯分より少な目の量を流し、生地の端が乾いたら裏返す。裏面はさっとでOK。

クレープ焼けたクレープを折りたたんでお皿に盛り付ける。


クレープにヌテラをたっぷりとのせて完成。
「その男、甘党につき」(えすとえむ)のヌテラのクレープ

「その男、甘党につき」(えすとえむ)のヌテラのクレープ
食べた感想:
焼き立てのなめらかなクレープ生地にヌテラをたっぷりからませて食べると、大人も子供も国境も超えて愛されるおいしさだと実感。そしてクレープ自体の味を楽しむには、これくらいシンプルなトッピングのほうがいいのかも。

ちなみにヌテラは純粋なチョコレートではなく、ヘーゼルナッツペーストにカカオを混ぜた「チョコ・スプレッド」。一流ショコラトリーから庶民の味まで、「ショコラに貴賤はない」とばかりの守備範囲をみせる、ジャン=ルイのショコラ愛にも脱帽です。

えすとえむ先生は、「うどんとフェティッシュ」というスゴい取り合わせのテーマの名作「うどんの女」もありますが、こちらもおすすめ。
4778322029その男、甘党につき
えすとえむ
太田出版 2013-07-25

by G-Tools

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「すみれファンファーレ」(松島直子)バレンタインの簡単トリュフ風チョコ

「すみれファンファーレ」の簡単トリュフ風チョコ

「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)3巻より季節外れのネタですが、どうしてもおいしそうなので作ってしまった「すみれファンファーレ」3巻のバレンタインチョコ。

すみれちゃんの親友・みんみちゃんの意中の人は、過去のエピソードにも登場した同級生のピアノ男子・ベンちゃん。手作りチョコに挑戦するため、すみれママにおすすめのレシピを聞いて教えてもらったのがこれ。トリュフ風の見た目で手がこんでいそうなのに、材料もシンプルで作り方も超簡単。
すみれママも、実はこのレシピを子供のころに友だちのお母さんから教えてもらったという、ちょっと素敵な偶然も。※【コマ引用】「すみれファンファーレ」(松島直子/小学館)3巻より


材料材料:
カステラ、ミックスナッツ、チョコレート、生クリーム、ココアパウダー。

ミックスナッツ チョコ
作り方:ミックスナッツと板チョコは細かく刻んでおく。

生クリーム まぜる
ボウルにカステラ一切れ、刻んだミックスナッツとチョコを一つかみ分入れ、生クリームを少量入れて手で混ぜる。

まるめる ココアパウダー
一口サイズに丸め、バットのなかで転がしながらココアパウダーを表面にまぶす。

これだけで完成! ほんとーーーに簡単。

「すみれファンファーレ」の簡単トリュフ風チョコ
せっかくなのでそれっぽい包装にしてみた。

「すみれファンファーレ」の簡単トリュフ風チョコ

中身食べた感想:
見た目はほんとにトリュフそっくり。
食感はしっとりしたチョコレートケーキ、という感じで、ナッツの歯ざわりが楽しい。
ナッツのかわりにレーズンや甘納豆を入れてもいいかも……という作中のセリフがあったので、それも試してみたけど、確かにいろいろアレンジ楽しめそう(みんみちゃん考案の「甘辛ちりめんじゃこ入り」はさすがにパスしちゃいましたが;)。生クリームのかわりに洋酒を入れたら、大人向きにもなりそう。

火も使わなければ冷やす工程もない、お菓子初心者には最高に簡単なレシピなので、女子の手作りバレンタインデビューには最適なのでは。甘いものをつまみたいときに、さっと作れるおやつとしても優秀かも。

ちなみに、すみれちゃんにはまだチョコをあげるような相手は現れていないようですが、いずれそんな甘酸っぱいエピソードも描かれたりするのかしら。どんな奴でもいいけど、俺のすみれを泣かせるようなことはするなよ……と、もはや父親のような目線で見守ってしまっている自分。


4091886248すみれファンファーレ 3 (IKKI COMIX)
松島 直子
小学館 2013-05-30

by G-Tools


※昔から来てくださっている方々、あらたに読んでくださった方々のコメント、とても励みになっております(「ワカコ酒」の新久先生まで!)。相変わらずなかなか更新&返信できず心苦しいですが、この場を借りて取り急ぎ御礼までm_ _m

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top