Home

マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波)の炊飯器で作る牛すじカレー

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)の炊飯器で作る牛筋カレー

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻よりこの夏、何度も作ったカレーを、師走の今ようやくご紹介。
「ホクサイと飯さえあれば」に登場する、炊飯器で作る牛すじカレー。
※【コマ引用】「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より

主人公・ブンちゃんの美大生時代を描く本作には、前作「ホクサイと飯」にも増して個性的なキャラが出てきます。そのひとりが、(よそいきモードの)ブンちゃんにひと目ぼれする新米教師・柑田川。

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より熱血教師にあこがれるも生徒の指導に空回りする日々。初対面の彼にそんな悩みを打ち明けられ、ブンが教えるのがこの牛すじカレー。
※【コマ引用】「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)1巻より

炊飯器に材料を入れてスイッチを押して家を出れば、くつくつと食材は煮込まれ、帰るころには美味しいカレーが完成している。
そう思うだけで、今日一日素敵な日でしょ?
この発想に、私もズキュンとやられました。なんて前向きな料理!

カレーの肉の好みは牛派、豚派、鶏派と分かれますが、個人的には断然「牛すじ」です。自分で作るときは、圧力鍋のお世話になることが多いけど、炊飯器で作るとどんな風になるのかも、期待大。


牛筋をゆでこぼす作り方:
牛すじ肉はひと口大に切り、たっぷりのお湯で茹でこぼして脂を落とす(気になる人は2回やってもいいかと)。

炊飯器 炊飯器2
炊飯器にみじん切りした玉ねぎ、にんにく、しょうが、ひと口大に切ったかぼちゃを順に入れる。
続けてコンソメキューブ、塩コショウ、牛すじ肉、トマト缶、カレーパウダーを順に入れて炊飯スイッチを押す。

炊飯器3あとは炊飯終了後に5~6時間保温すれば完成。
ただうちの炊飯器の場合、上記の方法だとカレー粉と具材がちゃんと混ざらなかった……。炊飯モード終了後に一度フタをあけてかき混ぜる→保温モード、としたらうまくいきました。

完成保温後がこちら。
※ご飯は先に炊いておこう!

「ホクサイと飯さえあれば」(鈴木小波/講談社)の炊飯器で作る牛筋カレー
食べた感想:
トマトの酸味と、かぼちゃの甘み、そしてトロトロの状態になった牛すじ肉がめちゃくちゃいい!
ルーを使わないカレーを美味しく仕上げるのって初心者には難しいですが、これは保温でじっくり調理したおかげで、スロークッカーで煮込んだような完成された味わい(2日目はもっと美味しかった)。

憂鬱な日も、ちょっとした仕込みをするだけで、絶品カレーが待っている「素敵な日」に一変する。
ラクだとか合理的だとかを超えて、自分へのサプライズになる料理ってとっても貴重。自炊をしていると、「帰ったら料理が待っている」喜びってなかなか味わえないですもんね。というわけで、ハマって夏の間に何度も作りました。

ひとつ困ったのは、このあと炊飯器でご飯をたくと、数日間は蒸気口からカレー臭が充満してしまう点。あくまでも匂いだけですが、気になる人はご注意を^^;

ホクサイと飯さえあれば(1) (ヤングマガジンコミックス)
ホクサイと飯さえあれば(1) (ヤングマガジンコミックス)

ホクサイと飯さえあれば(2) (ヤングマガジンコミックス)
ホクサイと飯さえあれば(2) (ヤングマガジンコミックス)

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「にがくてあまい」(小林ユミヲ)の高キビのキーマカレー

「にがくてあまい」の高キビのキーマカレー

「にがくてあまい」(小林ユミヲ/マッグガーデン)1巻より「にがくてあまい」のレシピはマクロビ系で材料に特殊なものが多いため、「作りたい!」と思ってもすぐに挑めないことがあるのですが、念願の食材がようやく手に入ったので久々に再現してみました。
1巻に登場する高キビのキーマカレー(菜々もちもちキーマカレー)です。
※【コマ引用】「にがくてあまい」(小林ユミヲ/マッグガーデン)1巻より


高キビこちらがずっと憧れていた、高キビ。
普段馴染みのない食材ですが、モロコシ、コーリャン、ソルガムという名前でも呼ばれ、世界中で栽培されているイネ科の穀物(「紅いコーリャン」って映画もありましたね)。

ベジタリアンの間では、その食感から肉の代用食材として定番になっているようで(別名「ミート・ミレット」)、栄養価も豊富だそう。雑穀というと総じておとなしいイメージがあるけど、こんな「肉」の称号まで手にするパワー系もいるんですね。

この高キビをひき肉がわりにして、キーマカレー風に仕上げたのが今回のレシピ。
マキがお肉と信じて疑わなかったこの穀物の味がずっと気になっていたので、うきうきと再現してみます。

炊く 炊く2
作り方:
高キビは同分量の水と塩少々と一緒に圧力鍋にかけて10~15分加圧、そのまま冷まします(ひと晩浸水すれば、炊飯器でも炊けるみたい)。
炊けたのが右の写真。味見してみると、「なんだこれ…!」と衝撃を受けたほど美味しい。お肉というよりは、モチモチ、シコシコしたお赤飯のような味で、今まで食べた雑穀のなかで一番好きかも。

しょうがを炒める 玉ねぎを炒める
鍋に油を入れて熱し、しょうがとにんにくのみじん切りを炒める。香りが立ったら玉ねぎのみじん切りを入れ、しんなりするまで炒める。

たかきび、にんじんを炒める トマト缶
すりおろしたニンジン、高キビを入れて炒め、全体が馴染んできたらトマト缶と昆布だしを入れ、弱火で煮込む。
煮込んでいくと高キビのデンプン質のせいか、鍋のなかのカレーがとろみをつけたように、もったりとしてきます。

カレー粉 ココア
カレーパウダー、ココアを入れる。ココアはコクと色に深みを出すのに必要なようです。最後に塩で味を調えます。

できあがり 玄米
丸く盛り付けた玄米の横にカレーを添え、パセリを散らして完成。

「にがくてあまい。」の高キビのキーマカレー

見た目はまさにキーマカレーそのもの。

「にがくてあまい。」の高キビのキーマカレー
食べた感想:
ひき肉、というより豆カレーに近い印象ですが、高キビのもっちりシコシコ、玄米のプチプチの食感がなんとも楽しい。
調味料は塩だけなのに、トマトや昆布だしのおかげで、ちゃんと深い味わいのカレーになっていることにも感動。野菜嫌いのマキがパクパク食べたのも納得です。
基本的にヴィーガンの「にがあま」には反しちゃうけど、チーズをトッピングしても相性抜群でした。

偏食の塊のようなマキが渚の料理を毎回ものすごくおいしそうに食べるのを見ると、料理の作り手と食べ手にも「相性」ってあるのかも、と思う。「気持ちよく食べてくれる相棒」ってのは、作り手にとって何より得難い存在で、「何食べ」のシロさんにとってのケンジもそうだけど、「料理が得意な主人公」だけじゃ成り立たないのが、今の料理漫画なのかも。

いやー、しかし高キビがこんなに美味しいとは思わなかった。もう第二の主食にしたいくらいスキ(自然食の店で買うと、わりと高いのが難ですね……)。
小林先生もお気に入りのようで、作中には高キビを使ったレシピが何度か出てくるので、今後もちょくちょく試していこうと思います。

にがくてあまい 1 (EDEN)
にがくてあまい 1 (EDEN)
国産(岩手県) たかきび 500g チャック付
国産(岩手県) たかきび 500g チャック付

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!」(カラスヤサトシ)の和カレー

カラスヤサトシの「和カレー」

カラスヤサトシ先生のカレー愛と探究心が詰まった「びっくりカレー」シリーズは、名店の食べ歩きだけでなく、地域性によるカレーの違いやスパイスの知識など、多岐に渡るテーマが楽しめるグルメエッセイ。

「カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!」(新書館/カラスヤサトシ)よりもしも再び鎖国して、スパイスの輸入が途絶えてえしまったら、日本のカレーはどうなってしまうのか?

そんな疑問をふと抱いたカラスヤ先生が考案したのが、「日本独自のスパイス」だけで作った「和カレー」。
※【コマ引用】「カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!」(新書館/カラスヤサトシ)より

「日本に“スパイス”なんてあったっけ?」と疑問に思う人も多いかもしれませんが、
そもそもスパイスの定義は「食品の調理のために用いる芳香性と刺激性を持った植物」……だそう(全日本スパイス協会のサイトより)。
つまり、一般的にイメージするようなコショウやクミンといったエスニックな香辛料だけではなく、西洋ハーブや日本の「薬味」も含まれるようなのです。

ネギやシソも「スパイス」になる、と言われると、目からウロコな気持ち。
この「和カレー」は日本のカレー文化に一石投じる壮大な実験、と言えなくもありません(?)。


材料材料:
※レシピは巻末の「和カレーレシピ対談」にカラスヤ先生の手書きメモが掲載されているので、そちらを参考にします(分量はコミックをご確認ください)。

みょうが、白ネギ、大葉、梅干し、しょうが、ししとう、青唐辛子、しいたけ、辛味大根、りんご、山椒、ゴマ、ねりがらし、ねりわさび、かつおぶし、ゆずこしょう、かんずり、一味、赤唐辛子、ウコン……と、考えうる「日本の香辛料、薬味」を総動員。
これを見てカレーの材料とは誰も思うまい。


炒める作り方:
サラダ油を熱した鍋で玉ねぎをいため、しんなりしたらにんにく、鶏肉(今回は手羽元)、にんじんを入れて炒めます(作中レシピではじゃがいもも投入していますが、煮崩れそうなので今回は後で)。
ここは、ごくふつうのカレーの工程ですね。

みょうがとか みょうがとか2
さてここから和スパイス投入祭り。
まずはみじん切りしたみょうが、白ネギ、大葉、梅干し、しょうがという「なんか全員豆腐にのってそうな」メンバーをドサッと。

青唐辛子、しいたけ 青唐辛子、しいたけ2
続いて細切りしたししとう、青唐辛子、しいたけを投入。
さらに山椒、ゴマ、桜エビ、青のり、かつおぶし、細かく刻んだみかんの皮を投入。
これらを炒めていくうちに、むせかえるような香りが立ちこめてきます。この感じ、「スパイスっぽい」と言えなくもありません。ひとつひとつはおなじみの食材なのに、未知のケミストリーが鍋のなかで起こってる予感……。

ちなみにカオスな材料のように見えますが、大葉は「クミンと匂いの成分が似ている」という話によるもので、梅干しやしいたけはカラスヤ先生が取材で食べたカレー店で実際に遭遇したものだそう。
「美味しんぼ」のカレー回にも、本場インドのカレーでも梅干しやかつおぶしに似た食材を使う、というエピソードがありましたね。

水投入ひたひたの水を注ぎ、煮立ってアクが浮いてきたら取り除きます。

からし わさび
ここからさらに闇鍋化が加速していきます。
ねりがらし、ねりわさび、かつおぶし、辛味大根・リンゴ・にんにく・しょうがのすりおろしを加えて煮立たせます。
このあたりでジャガイモも入れる。

かんずりかんずり、ゆずごしょう、一味、赤唐辛子を少量ずつ投入。(かんずりはゆずごしょうの赤唐辛子版)
カラスヤ先生が「和製レッドカレーペーストとグリーンカレーペースト」と名づけたほど、重宝するスパイスのようです。


本葛 しょうゆ
カレーらしいとろみをつけるのは、水で溶いた本葛(片栗粉でもOKのよう)。さらに醤油で味を調えます。

うこん うこん2
醤油が入ると色も茶色っぽくなって、ようやくカレーっぽさが芽生えてくるのですが、どうしても「肉じゃが」感から脱却できません。
そこで登場するのが粉末うこん(沖縄産)。

出来上がりカレーの基本スパイスであるターメリックと同じだけに、うこんが入ると一気にカレーらしさが引き上げられました。


想像してたよりカレーっぽい!(見た目)
カラスヤサトシの「和カレー」

カラスヤサトシの「和カレー」
食べた感想:
スパイスというより「薬膳」っぽさを感じる仕上がりで、和食でもなく、かといってエスニックでもない不思議な料理。
そしてめちゃくちゃ辛い!
ドバドバいろんな材料を入れているうちに、唐辛子の総量が上がったのでしょうか。
野菜の甘みも溶け込んでいるので、甘さと激辛が交互に押し寄せてきます。

もしいきなり平安時代にタイムスリップして
そこで助けられた豪族の家でふるまわれた食事の中にこれがあったら
「わっ……スゲー これカレーや!」


と思うかも、という説明が作中にありますが、ものすごく的を射ている表現でした。
もし万が一鎖国しても、日本のカレーは大丈夫……かもしれない(あえていうなら、クミンだけは許してほしい)。

実験終了後はカラスヤ先生にならって、市販ルーを投入してみましたが、和のスパイスのおかげか何だか味に奥行きのあるおいしいカレーに仕上がりました。

カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!! (ウィングス・コミックス)
カラスヤ サトシ
440362166X


シリーズの別作品はこちら。
カラスヤサトシの日本びっくりカレー (ウィングス・コミックス) カラスヤサトシの世界スパイス紀行 (ウィングス・コミックス)

スポンサーリンク

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

月別アーカイブ
10  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
PR
作品から探す(50音順)
愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)
アオイホノオ(島本和彦)
青みゆく雪(宇仁田ゆみ)
あさひごはん(小池田マヤ)
あさりちゃん(室山まゆみ)
あたりまえのぜひたく。(きくち正太)
アルコール(西村しのぶ)
一緒に遭難したいひと(西村しのぶ)
海街diary(吉田秋生)
うめぼし(小池田マヤ)
おいしい関係(槇村さとる)
美味しんぼ(雁屋哲/花咲アキラ)
大奥(よしながふみ)
おかめ日和(入江喜和)
おせん(きくち正太)
夫すごろく(堀内三佳)
乙嫁語り(森 薫)
オハナホロホロ(鳥野しの)
おはようおかえり(鳥飼茜)
女の子の食卓(志村志保子)
かむろば村へ(いがらしみきお)
鴨の水かき(空木哲生)
カラスヤサトシのびっくりカレー おかわりっ!!(カラスヤサトシ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
きりきり亭主人(きくち正太)
銀のスプーン(小沢真理)
クッキングパパ(うえやまとち)
刑務所の中(花輪和一)
げんしけん(木尾士目)
玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ/北原雅紀)
幸腹グラフィティ(川合マコト)
極食キング(土山しげる)
極道めし(土山しげる)
孤独のグルメ(久住昌之/谷口ジロー)
こどもの体温(よしながふみ)
食キング(土山しげる)
サウダーデ(池辺葵)
サカタ食堂(坂田靖子)
酒場ミモザ(とだともこ)
酒ラボ(宇仁田ゆみ)
颯爽な家政婦さん(小池田マヤ)
三国志
3月のライオン(羽海野チカ)
さんさん録(こうの史代)
深夜食堂(安倍夜郎)
...すぎなレボリューション(小池田マヤ)
すごいよ!!マサルさん(うすた京介)
スパイスビーム(深谷陽)
スーパーくいしん坊(ビッグ錠/牛次郎)
スペースシェフシーザー(Boichi)
すみれファンファーレ(松島直子)
西洋骨董洋菓子店(よしながふみ)
その男、甘党につき(えすとえむ)
それではさっそくBuonappetito!(ヤマザキマリ)
大東京ビンボー生活マニュアル(前川つかさ)
たそがれたかこ(入江喜和)
誰そ彼の家政婦さん(小池田マヤ)
誰も寝てはならぬ(サラ イネス)
ダンジョン飯(九井諒子)
ちぃちゃんのおしながき・繁盛記(大井昌和)
チーズの時間(山口よしのぶ/花形玲)
ちはやふる(末次由紀)
チャンネルはそのまま!(佐々木倫子)
沈夫人の料理人シリーズ(深巳琳子)
天食(泉昌之)
天体戦士サンレッド(くぼたまこと)
どいつもこいつも(雁須磨子)
ドカコック(渡辺保裕)
Dr.スランプ(鳥山明)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)
トルコで私も考えた(高橋由佳利)
ドロヘドロ(林田球)
にがくてあまい(小林ユミヲ)
にこたま(渡辺ペコ)
のだめカンタービレ(二ノ宮和子)
not simple(オノ・ナツメ)
のんちゃんのり弁(入江喜和)
ハクメイとミコチ(樫木祐人)
バッカス(青木健生/井上元伸)
パスタの王国(中祥人)
パタリロ(魔夜峰央)
ハチミツとクローバー(羽海野チカ)
花と奥たん(高橋しん)
バーバーハーバー(小池田マヤ)
ばらかもん(ヨシノサツキ)
パラダイス・カフェ(ひうらさとる)
ハルシオン・ランチ(沙村広明)
バンビ~ノ!(せきやてつじ)
ひまわりっ(東村アキコ)
ピリ辛の家政婦さん(小池田マヤ)
flat(青桐ナツ)
フラワー・オブ・ライフ(よしながふみ)
へうげもの(山田芳裕)
Heaven?(佐々木倫子)
包丁人味平(牛次郎/ビッグ錠)
放浪の家政婦さん(小池田マヤ)
ホクサイと飯さえあれば(鈴木小波)
MASTERキートン(勝鹿北星/浦沢直樹)
真夜中ごはん(イシヤマアズサ)
マリーマリーマリー(勝田文)
まんが道(藤子不二雄A)
ミスター味っ子(寺沢大介)
水玉生活(サラ・イイネス)
めしばな探偵タチバナ(坂戸佐兵衛/旅井とり)
モテキ(久保ミツロウ)
もやしもん(石川雅之)
モンキー・パトロール(有間しのぶ)
ラウンダバウト(渡辺ペコ)
ラーメン大好き小泉さん(鳴見なる)
リーチマン(米田達郎)
リトル・フォレスト(五十嵐大介)
リバーサイド・ネイキッド・ブレッド(有間しのぶ)
路地恋花(麻生みこと)
ワカコ酒(新久千映)
料理ジャンルから探す(※整理中)
twitter
最近面白かった漫画
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top